« 書いたものは残る。検索すれば出てくる。 | Main | Man is mortal »

Friday, November 28, 2008

身体の動きと脳の差分

【11月28日特記】 昨夜、帰りの電車で隣に若い女性が座って、ものすごいスピードで延々と携帯メールをカシャカシャカシャカシャ──何度見ても違和感を覚える光景。

誤解のないように、嫌悪感ではない。自分とは違うなあという思い。

僕はどうしても携帯のキーで文章を打つという行為に馴染めないのである(だから、こんなに馴染んでる人を見ると、「うーむ、俺とは何かが根本的に違う」と思ってしまうのである)。

そもそも、あれ、不自由でしょ? 理不尽でしょ? かつ、非効率でしょ?

「あ」なら1回キーを叩いただけで出てくるのに、「ぽ」を出そうとすると「は→ひ→ふ→へ→ほ→ぼ→ぽ」と7回も操作しなければならない。この操作の不均衡と言うか、非対称性と言うか、使用頻度と連動しない効率性と言うか──そういうものに、僕は文章を書き始める前に萎えてしまうのである。

そして、「の」と打とうとしているのにしょっちゅう通り過ぎて「な」に戻ってしまう。これは僕の単純などん臭さではなく、僕の脳の動きとキーの操作方法が断裂しているからのような気がする。

僕の脳の動きに適合しているのはキーボードからの10本指での入力である。このほうが10倍は速く打てる。

ところが昨夜隣に座った女性は全くそんなことないみたい。まるで親指1本の魔術師だ。

もちろんこれだけのスピードと正確性(と言っても横から文章をチェックしていた訳ではないが)は最初からあったのではなく、何度も反復するうちに自然と身に着いたものなのだろうが・・・。

きっとこの人たちは僕とは人間の構造が違っているはずだと思う。これは違和感を表す比喩ではない。

指の操作は身体性であり、身体性は脳の動きと直結している。だから、彼女の脳内にはきっと僕とは違う回路が形成されていて、違う形式のストリームが存在しているのではないかと思ったりするのである。

たかが入力形式、と馬鹿にしてはいけない。それは人間の脳を変容さえさせるのである、と根拠があって言うのではないが、なんだかそんな気がしてならない。

|

« 書いたものは残る。検索すれば出てくる。 | Main | Man is mortal »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 身体の動きと脳の差分:

« 書いたものは残る。検索すれば出てくる。 | Main | Man is mortal »