« ブログネタ | Main | AISAS から AIDMA に戻る »

Tuesday, November 18, 2008

恋の悩みを考える

【11月18日特記】 こないだ、するとはなしにネット・サーフィン(すっかり死語ですねw)してたら、いつの間にか"恋愛相談BBS"みたいなサイトに迷い込んでました。

んで、読むとはなしに読んでいると、下は中学生から上は30歳くらいまでの男女が主な相談者なんですが、そのほとんどが口を揃えたように「自分はこれで良いのか? おかしくないのか?」という質問なんですよね。

  • 彼のこういう態度って「脈あり」と解釈して良いのでしょうか?
  • 出会って2回目のデートでこんなことに誘うと嫌われるでしょうか?
  • 彼女がこんな反応をした時は一旦引いたほうが良いのでしょうか?
  • 女のほうからそういうことに誘っちゃダメなんでしょうか?
  • 私のこんな感じ方っておかしいのでしょうか?
  • 普通はそういう時はどうすれば良いのでしょうか?

いや、質問と言うより、ともかく何でも良いから「それで良いよ、おかしくないよ」って言ってくれって縋っているように見えるくらいです。

んー、若い頃って、恋の熱に浮かされる年代って、ともかく不安だから誰かにそういうことを訊きたいという気持ちは解るんだけど、でも、ちょっと違うんだよね。

いや、君らはおかしいとか間違ってるとか言って、何かを押しつけようとしているのではないんです。ただ、少し視点を変えてみたほうが良いことがあるんじゃないかってね。

大事なのは自分が普通かどうか、他の人と同じかどうかじゃないと僕は思うのです。

たとえ世間が口々に「それはおかしい」と糾弾しても、あなたと彼(または彼女)が2人揃って「いや、それで良い」と言えるなら、それで良い、いや、それが良いのです。要はそういう相手が見つかるかどうかなんです。あなたと世間が同じかどうかではなく、あなたと彼(または彼女)が同じかどうかなんです。

いや、同じでなくても良いのです。

さっきと逆の例を考えれば、世間は皆「そんなことはどっちでも良い」と思っていることでも、あなた自身は「いや、私はこれでなきゃ嫌だ」と思うケースもあるでしょう。

そういう時に彼(または彼女)がどう言うのか?

  • 「そうそう、おんなじだ。俺もそうでなきゃ嫌なんだよ」と目を輝かせて言うのか
  • 「ふーん。僕は別にどっちでも良いけど、君がそう思うのならそれでいいよ」と屈託なく笑うのか
  • 「そんなことに拘るなんて、どうかしてるよ、君は!」と口をとんがらせるのか

そういう組合せ、つまり、あなたと彼(または彼女)の関係の問題であり、世間一般または多数派とあなたの関係の問題ではないのではないかな。

要はどういう相手が見つかるの問題なんです。あなた自身が異常であっても何の問題もありません。彼が異常であっても、そのこと自体に問題はありません。要はそんなあなたを彼はどう思うか、そんな彼をあなたがどう思うか──そんな風に物事を見直してみたらどうだろう?

そして、それを確かめるためには、あなたが「自分はそれが良い」と思う方法で彼(または彼女)にアプローチしてみるしかありません。その時に彼(または彼女)が「同感!」なのか「別に構わないよ」なのか「何それ!?」なのか・・・。

もちろん、何か特定の1つのテストを施して、それを踏み絵にしなさいというのではありません。いろんなことでいろんな反応があるでしょう。その全体像を見て、自分と良い関係を取り結べる人かどうかを見極めて行くことです、なんてね。

一応、かなりの年数を生きてきて、それなりに恋愛もしてきたおじさんとしてはそんなことを思ったりしたのでした。

そのBBSに書いても良かったのだろうけど、ちょっと埋もれそうだし、あそこは少し近視眼的な景色のような気がしたので、ここに帰ってきてこんなことを書いてます。

若い人のために書いたつもりです。そうでない読者の方には失礼いたしました。

|

« ブログネタ | Main | AISAS から AIDMA に戻る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/43155840

Listed below are links to weblogs that reference 恋の悩みを考える:

« ブログネタ | Main | AISAS から AIDMA に戻る »