« 検証:大阪弁(映画『ホームレス中学生』その2) | Main | Adobe - Acrobat.com ベータ版 »

Monday, November 10, 2008

IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラム

【11月10日特記】 先日、このブログではなく僕がやっているHPのほうに『マイクロソフトに告ぐ』という文章を書きました。MS IME が 2007 になってからあまりに馬鹿になったのでげっそりして書いた文章です。

で、その文章の中で、

大きく後れを取ったMSは今年の下期には修正プログラムをリリースする予定とのことでしたが、これはもう発表されたのでしたっけ? 最近は自動で Microsoft Update が行われるので、逆に入ったんだか入ってないんだか非常に判りにくくて困ります。

と書いたのですが、昨夜『日経パソコン』の最新号を読んでいたら、「10月17日に公開した」という記事に出くわしました。それでここにこの記事を書いています。

HPの続きに書けばよさそうなものですが、こういう皆の役に立つ情報は、訪問者の多いこのブログのほうが良いかなと思ってここにしました。

以下のページに詳しい記述があります。
http://www.microsoft.com/japan/office/2007/ime/fixmodule.mspx
(KB957698)

で、さっそくダウンロード&インストールして、ちょっとだけ文章を打ってみたのですが、うむ、確かに少しは改善した感じがあります。

件のホームページは「早く改良された新しいバージョンをリリースしてください。お願いします」という文章で締めたのですが、あの文章を書いた時にはもうリリースされてたんですね。

これから暫くは、ともかく多少はユーザの悩みを解決してくれるんだろうなあと大いに期待しながら検証することになります。

この文章をお読みの皆さんも一度「言語バーの」ヘルプからバージョン情報を見てみてください。Microsoft Office IME 2007(12.0.6327.5000) となっていれば、それはこの修正プログラムの入った最新版です。もし IME 2007 で、かつカッコ内の数字よりもバージョン番号が小さければダウンロード&インストールしてみる価値はあると思います。

このプログラムは多分自動でダウンロードされることはないのではないでしょうか?
自分でインストールした記憶がなければ、それは多分修正前のバージョンです。

一度バージョン番号を確かめてみてください。

それから私の書いたHPの記事のほうには MS IME 2007 の使い勝手の良い新機能も少し紹介してあります。良かったらご覧ください。

|

« 検証:大阪弁(映画『ホームレス中学生』その2) | Main | Adobe - Acrobat.com ベータ版 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/43072941

Listed below are links to weblogs that reference IME 2007 変換精度、学習機能を改善した修正プログラム:

« 検証:大阪弁(映画『ホームレス中学生』その2) | Main | Adobe - Acrobat.com ベータ版 »