« NAS の羽音に | Main | YTVスペシャルドラマ『夢をかなえるゾウ』 »

Thursday, October 09, 2008

ネットの醍醐味

【10月9日特記】 メールをいただいた。

曰く、このブログではなくて僕がやっているホームページのほうにテキストバナーを張らせてもらえないか?とのこと。

いや、もうちょっと正確に言うと、僕のサイトの中でも飛びぬけてアクセスが多い視聴率のコラムのページに、テキストバナーを張らせてほしいという申し入れである。
使用例として現在そのバナーを張ってあるページのURLも示してあった。

報酬はと言うと、月額固定 2,000円。

なんじゃ、たったの2千円かい!と思われた方もあるかもしれないが、会社でホームページやバナーに関係した仕事をしている身からすれば、僕のサイト程度のページビューに対して月額2千円と言えば間違いなく最恵国待遇である。

しかし、とは言え、結局お断りした。

僕のページは偉そうにデザインがどうこう言うような代物ではないが、でも、やっぱり一番下のスペースとは言え、こんなにたくさんテキストリンクを張ってしまうとデザインが破壊されるなあと感じたからだ。

Amazon のアフィリエイトはやっているが、あんまり記事本文と関係ないリンクを張りたくないという思いもあった。

ただし、こまごまと理由を書いてお断りすると、ひょっとして「その考え方は間違っている」などと糾弾されたり、「じゃあ、こういう形ではいかがでしょうか?」などと別提案を繰り出されたりすると面倒なので、結局理由についてはぼやかせたまま、こんな返事を書いた。

ご案内ありがとうございます。
ただ、折角のお申し入れですが、私のサイトにはご提案いただいたような形で広告を掲載することは考えておりません。
ご期待に沿えず真に申し訳ありません。どうかご寛恕ください。

読み返してみると我ながら「ご寛恕」はちょっと違ったかなあ、「悪しからずご了承ください」くらいで良かったのではないかなあという気もしたが、もう送信ボタンを押した後だった。

そうすると、こんな返事が来た。

ご返信メールをいただきありがとうございます。
広告掲載の件、残念でございますが諦めます。
ご丁寧な文章にとても感銘を受けました。
お忙しいところ、ご対応賜りまして、感謝いたします。
以上、どうぞよろしくお願い申し上げます。

PS:メール配信業者を使用していまして、既に再度メール送信する手配になっておりますので、今回と同様の案内メールが送信される可能性がございます。
大変ご迷惑をおかけしますが、メールは破棄いただけますようお願い申し上げます。申し訳ございません。

丁寧なメールを送ったら丁寧な反応が帰って来た──これがネットをやっていて一番嬉しい瞬間だと僕は思っている。これがネットの醍醐味だと僕は思っている。

|

« NAS の羽音に | Main | YTVスペシャルドラマ『夢をかなえるゾウ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネットの醍醐味:

« NAS の羽音に | Main | YTVスペシャルドラマ『夢をかなえるゾウ』 »