« 歌鬼(それを Ga-Ki と読ませるのはやっぱり無理があるだろう) | Main | 映画『きみの友だち』 »

Friday, August 08, 2008

北京五輪開会式に思う

【8月8日特記】 中国には多分、どこか秘密の場所があるのだと思う。例えばそれはどこかの洞窟の岩の裂け目だったり、あるいは森の奥深くにある大木の根の股だったりするのだろう。いや、ひょっとするとスタジアムの壁の割れ目と言った、すごく近いところにあるのかもしれない。

そこから多分人が湧いているのだ。次から次へと、1分間に20人ぐらいの速度で人間が湧き出しているのだと思う。

でなければ、あれだけの人を集められるはずがない。

日本では到底あの人数は集められない。もちろん日本にもそれくらいの人口はあるのだが、皆それぞれに忙しかったり用事があったり、五輪の開催そのものに反対だったり、応募して練習し始めたけど3日目で嫌になって逃げ出したりして、とてもじゃないが本番の日にあれだけの人間は集められない。

その点、中国には秘密の場所がある。岩の裂け目か、木の根の股か、スタジアムの壁か、どこだか判らないが、ともかく人が湧いてくるポイントがある。

彼らは勿論、赤ちゃんで湧いて出たりはしない。すでに成人の姿で、服を着て、いや、今日のセレモニーに出場するコスチュームを着て湧いてくる。3秒に1人くらいの間隔で。

で、湧き出してくる前にきっちり修行を積んで来ているので、湧き出たらすぐに、リハーサルをする必要もなく、見事に自分の役割を果たすことができるのである。

いや、そうじゃないのかも。きっと彼らは自分たちが出てきた穴から伸びている1本の見えない糸に一人残らず縫い取られていて、全員がその糸のコントロールで動くのである。

で、自分の出番が終わると、また元来た岩の裂け目か木の根の股かからどこかへシュルシュルと帰って行くのである。

今日見ていて、そういうからくりになっているのだと電撃的に気づいた。中国ってやっぱり恐ろしい国である。

|

« 歌鬼(それを Ga-Ki と読ませるのはやっぱり無理があるだろう) | Main | 映画『きみの友だち』 »

Comments

1万4千人程の参加者のうち8千人?ぐらいは人民解放軍の軍人だと報道されてました。

やっぱり仕事休んで練習、では無理なんでしょうね。
(でも中国なら可能なのかもしれませんが…。)

軍人さんだらけと思うと、実は怖い開会式なのでした。

Posted by: とおりすがり | Sunday, August 10, 2008 at 00:31

> とおりすがりさん
ちゃらけた記事に真面目なコメントありがとうございました(*^^)v
そうですか、人民解放軍ですか。例えば日本には自衛隊という組織があるわけですが、自衛隊員にあんなパフォーマンスできますかね? いくら練習しても無理なような気がしません? 別にそれが仕事じゃないので、できなくても一向に構わないのですが…。

Posted by: yama_eigh | Sunday, August 10, 2008 at 10:09

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/42108506

Listed below are links to weblogs that reference 北京五輪開会式に思う:

« 歌鬼(それを Ga-Ki と読ませるのはやっぱり無理があるだろう) | Main | 映画『きみの友だち』 »