« 今日のBGM#6 | Main | 『西の魔女が死んだ』梨木香歩(書評) »

Thursday, May 29, 2008

吉高由里子みたび

【5月29日特記】 何にも知らずに「応援する」なんて記事を書いていたんですけど、もうすでにブレイクしかかってたんですね、吉高由里子(前に書いた記事はここ)。

ひとつは関西では6/1(日)公開になる(ったって、京都みなみ会館ただ1館だけですが)オムニバス作品『夕映え少女』。

東京藝術大学大学院映像研究科に在籍する4人の新鋭監督による4話のうちの1つが吉高由里子主演みたいです。

それから、こないだシネ・リーブル神戸に『アフタースクール』見に行った時にポスターを見つけました(いっぱいポスター貼ってある通路のところではなく、スクリーン1の奥まったドアの向かいの壁にひっそりと貼ってありました)。

話題としてはこっちのほうが遥かにデカいですね。

金原ひとみ原作の『蛇にピアス』。主演。しかも演出が蜷川幸雄。なんと昨年の秋にすでに発表になってたんですね。全く知りませんでした。

オールヌードを条件にしたオーディションで蜷川に抜擢されたとか、金原ひとみが蜷川監督でと要望したとか、共演が ARATA と高良健吾だとか、その高良が特殊メイクで体中にピアスや彫り物するとか、結構話題満載。

でも一番おかしかったのは吉高由里子が蜷川幸雄のことを、「てっきり稲川淳二さんに会えると思って行ったら、知らないおじいちゃんがいました」と語ったという記事。

この娘、結構天然だったんですね。ふむ、それはそれとして、とても楽しみ。

|

« 今日のBGM#6 | Main | 『西の魔女が死んだ』梨木香歩(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/41362390

Listed below are links to weblogs that reference 吉高由里子みたび:

» 吉高由里子 ヌードもケロッと肝っ玉新人女優 [あの人はこんな方]
吉高由里子 ヌードもケロッと肝っ玉新人女優 【ブルーリボン賞】けた外れの新人だ!インタビューは昨年のクリスマス。吉高由里子(20)は「“サンタはいない”って言われて育ってきたので、初めてサンタが青いリボンをまいたプレゼントを持ってきてくれた」と緊張気味に喜びを話したと思いきや…。突如、「ハッピークリスマース!」と隠し持ったクラッカーをぶっ放した。これには記者もカメラマンもあぜん。それでいて当の本人は...... [Read More]

Tracked on Friday, January 16, 2009 at 10:14

« 今日のBGM#6 | Main | 『西の魔女が死んだ』梨木香歩(書評) »