« 季節の変わり目 | Main | 30分3000歩(今日のBGM#1) »

Wednesday, April 02, 2008

プリントサーバのトラブルはどこまでも続くわけではなさそうだ

【4月2日追記】 4日前に書いたプリントサーバのトラブルなんですが、ひょっとしたら終息したかも。

過去の記事には明記してなかったけど、プリントサーバは BUFFALO の LPV3-U2S、プリンタは Canon の MP600、メインのPCは FMV-BIBLO NX90UN/D という組み合わせです。

んで、前の記事で、プリントサーバのファームウェアをアップデートしたと書きました。あとは祈るのみ、と書きました。

祈り、通じたんですかね?

快調です。どっちのPCからでもトラブることなく印刷できます。ネットワーク上で認識してくれないなんてこともなさそうです。プリンタの電源を入れっぱなしにしてなくても、PCを先に立ち上げて後からプリンタの電源入れてもちゃんと繋がります。

つまり、あんまり何も考えなくても、接続ボタンと印刷ボタンを押せば難なく印刷できるということ──。

考えてみれば、それが当り前の状態なんですよね。
じゃあ、今までは何だったのかと言えば、

バグ!

ですよ、これは。紛れもなく、LPV3-U2S のファームウェアのバグ。一般商品で言えば不良品だったわけです。で、漸くちゃんとした品物に交換してもらった。

ひどいっちゃひどいけど、こういうことはコンピュータ周りではよくあることでもあります。

っつうことで、僕はそんなに怒ってません。むしろ、嬉しい気分です。

それを不思議がる人もいるかもしれませんが、こういう風にあっちこっちから情報やらパッチやら新バージョンやら取り寄せて自力で改善して解決して行くのがPC生活の歓びであると僕は感じるのであります。

|

« 季節の変わり目 | Main | 30分3000歩(今日のBGM#1) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference プリントサーバのトラブルはどこまでも続くわけではなさそうだ:

« 季節の変わり目 | Main | 30分3000歩(今日のBGM#1) »