« アメリカ人たちよ! | Main | PCを持って街へ出よ(ただし書を捨てる必要はない) »

Sunday, April 20, 2008

ベランダのミルクティー

【4月20日更新】 成田-サンフランシスコ往復の飛行機の中でたくさん音楽を聴いた。国内線と比べて非常にチャンネル数が多い。

とは言え、日本のポップスばかりを選んで聴いていると、やっぱりすぐに全部聴き終えてしまう。合計20時間近く乗る訳だから、2度聴いた曲もいくつかあった。

そんな中で、これも2回聴いた曲のひとつなんだけれど、そして、僕の携帯音楽プレイヤにも入れている曲なんだけど、UAの『ミルクティー』は何度聴き返してもとんでもない名曲である。

朝本浩文の曲も良いけど、やっぱりUAの詞がすごい。なんとなくぼやけているくせにしっかりと凄みのある言葉の海。

この「ミルクティー」という比喩は逆立ちしたって書けそうにない。

あらためて味わって、何度も何度も頭の中で耳を澄ませてみる。

|

« アメリカ人たちよ! | Main | PCを持って街へ出よ(ただし書を捨てる必要はない) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/40930757

Listed below are links to weblogs that reference ベランダのミルクティー:

« アメリカ人たちよ! | Main | PCを持って街へ出よ(ただし書を捨てる必要はない) »