« キネマ旬報2月下旬号(2) | Main | Good vibration? »

Wednesday, February 13, 2008

IE7 の自動更新に思う

【2月13日特記】 今日から Internet Explorer 7 の自動更新が始まるのだそうだ。つまり、放っておいても自動的に IE7 がダウンロードされる(インストールするかどうかは訊いてくるみたいだけど)。

僕が IE7 にアップグレードしたのはリリース直後の2006年の11月だったと思う。あれからもう優に1年は経っている。この間一体何をしてたんだろ?と不思議に思うのは僕だけではないのではないかな。

マイクロソフトによると「国内の主要サイトの対応状況を見極めていた」のだそうだが、こんなに間が空いてしまうとほんまかいなという気もしてくる。そもそも今までそんな慎重で丁寧な対応をとってきた企業だったっけ?

ま、いずれにしても、僕は Firefox ユーザだから、あまり関係ないと言えば関係ないのだが・・・。

ただし、とは言え IE Tab というプラグインを入れて、どうしても IE でないと具合の悪いサイトに当たってしまった時は切り替えて見ているのも事実。

で、僕の場合、この切り替わった時の IE のバージョンは7であるはずなのだが、そういう意味では IE7 で見られなかったサイトというのは、僕の経験ではなかったように思う。

それを考えるとやっぱり、「マイクロソフトさんホントに対応状況を見極めてたの? 何か別の要因があったんじゃないの?」と勘繰りたくなってしまうのである。

ま、いっか。繰り返しになるけど、家でも会社でも、基本的に僕は Firefox ユーザなのだから。

|

« キネマ旬報2月下旬号(2) | Main | Good vibration? »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference IE7 の自動更新に思う:

« キネマ旬報2月下旬号(2) | Main | Good vibration? »