« 『また会う日まで』ジョン・アーヴィング(書評) | Main | 羽田空港でごちそうを »

Tuesday, January 29, 2008

2枚組

【1月29日特記】 人は時々何かの拍子に普段は考えてみたこともないような何かに思い及ぶことがあるらしい。

食器を片づけているときのことだった。

食器というものは何脚か組で持っていることが多い。そして、同じ食器は当然まとめて積み重ねた状態で食器棚に納まっているもので、5枚組の皿、4枚組のボウル等々あるのだが、我が家は2人家族なのでそれを全部使うことがめったにない。

その日も同じ皿を2枚だけ出して、食事が終わってまた元の棚に戻しながら、妻が不意に言った。

いつも上のほうから取って同じお皿ばっかり使っているから、たまには一番下に戻しておこうかな。

僕は少しうろたえた。

君はそんな不慣れな心配はしないで良いのだ。食器の積み重ね順は僕が折にふれて入れ替えているから。

それを知って妻はかなり驚いたようだが、先に驚いたのは僕のほうだ。

人間って面白い。

|

« 『また会う日まで』ジョン・アーヴィング(書評) | Main | 羽田空港でごちそうを »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 2枚組:

« 『また会う日まで』ジョン・アーヴィング(書評) | Main | 羽田空港でごちそうを »