« 『キャッチボール屋』 | Main | the communication breakdown »

Monday, January 07, 2008

初出勤

【1月7日特記】 休み前、年内最後の部会で部下に訓示をした:

休み中に殺人・暴行・痴漢・盗撮・万引きをしないように

と。おかげで皆無事に新しい年の初出勤を迎えられたようだ。

中堅社員はきょとんとしたりにやにやしたりしながら聞いていたが、僕がこれを言いたかったのは若い社員である。

最近の若い社員は言われたことはちゃんとできるが、言われなかったことはからっきしできなかったりするから。言われていないことをやらなかったと責められると、聞いていないからやってなくて当然だと反論してきたりする。

「上がちゃんと指示を出さないので仕事にならない」などと愚痴ったりする。真顔でそれが言えるのは本気でそう思っているからである。

僕は上司に指示を出させないのが仕事だと思ってやってきた。だからむやみにああしろこうしろとは言いたくない。だけど、OJTとしてなら粘り強く辛抱もできるが、休み中に殺人や盗撮で逮捕されたら元も子もないので、先手を打ってこれら5項目をやらないように、はっきりと指示を出しておいたのである。

考えてみたら自殺をしないように指示するのを忘れたが、まあ、あくまで会社にかける迷惑の大きさという点に限定すれば、他の5項目ほどの害はない。いずれにしても、僕が指示していないにも拘らず自殺者は出なかったので結果オーライだ。

若い頃、上司に報告するのを忘れていて「なぜ報告しない?」と怒られたことがある。その上司は「俺はすべてを知りたいんだ」とも言った。「あほか」と思った。それで、それ以後彼に対してはともかく「すべてを報告する」ことだけは避けようと思った。

ま、もっとも何を以て「すべて」と考えるのか、そこまで突き詰めると、逆にどんなに頑張ってもすべてを報告するなんて不可能なんだけど。

どこかの段階で上司に報告すること自体は必要である。そこには責任の分散という意味もある。

ただし、なんでもかんでもいの一番に次から次へと報告することもない。僕は「上司に判断させない、あくまで上司には追認させる」という思いで仕事をしてきた。

そういう思いで仕事をしてきたので、部下にうるさく指示することに対しては抵抗がある。部下から見ると、あれこれ指示を出さない僕は相当間抜けな上司なんだろうなあと思う。もっと差し出がましい上司でいたほうが部下は育つのかなあ、などと思ったりもしないではないが、指図してほしいと思ってる奴に指図しても育ちはしないだろう。やっぱり上司にはあまり判断も指示もしてほしくないと思っている部下であってほしいもんだ。

それから、もうひとつ上司の使いようとしては、話の「だし」に使う。つまり、「私はそうしたい(ご要望に沿いたい)のですが、上司が納得しないので」などと、あくまで組織の問題として事がすんなり進んでいないだけで、自分だけはクライアントの味方であるということをアピールする。

それから、何か失敗したとき、もめて来たときに担ぎ出すこと。そんな時だけ担ぎ出される上司もたまったもんではないと言えばたまったもんではないが、自分が30代くらいからそういう風に上司を使ってきたので、歳を取った今そういう働きをするのがせめてもの罪滅ぼしだとわきまえている。

そんなわけで僕は普段は相当にぼんくらな上司である。

ただ、何かと酒が入ることも多くなるこの時期に社の不祥事を引き起こさないように5項目禁止の指示を出した。指示を出しておいたので若手社員は不祥事を起こさず、良い正月を迎えることができたのである。

|

« 『キャッチボール屋』 | Main | the communication breakdown »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 初出勤:

« 『キャッチボール屋』 | Main | the communication breakdown »