« 大塚国際美術館 | Main | 良いお年を »

Sunday, December 30, 2007

TBS『イカ天2007復活祭』

【12月30日特記】 先ほど TBS 『あの伝説の番組再び!"イカ天2007復活祭"』を見終わった。面白かった。そう、懐かしいよりも面白かったという思いのほうが強い。

いいバンド、いい歌がたくさん、たくさんあったのだ。そして、バラエティに富んでいた。見事に個性的だった。新しい音楽の要素や潮流をたくさん知った(スカというリズムについては、僕はこの番組を見るまで知らなかった)。

もう名前さえ忘れていたけど、C-BA とかサイバーニュウニュウとか、それから歌では番組初期に出たガールズ・バンド(何だったっけなあ?)の「やっちゃえ、やっちゃえ」という歌詞が入るやつとか、宮尾すすむと日本の社長の『2枚でどうだ』なんて今聞いても名曲だし、あのナントカ秩父伝説!っちゅうやつ!(バンド名も歌のタイトルも忘れた)強烈!

僕は初代の FLYING KIDS から4代目のマルコシアス・バンプまでの歴代グランド・イカ天キング(ここまでがほぼ最初の1年間)の中では BEGIN に一番共感しなかったのだが、不思議なもので(と言うか、他の人には不思議でないのかもしれないが)一番生き残っているのが BEGIN である。

『恋しくて』の冒頭が『Sweet Memories』 にそっくりだと思ったのが僕の反感の始まりで、「沖縄音楽にブルースを組み合わせて」とか何とか言いながらブルース・コード進行してないじゃないかという思いもあり、NORMA JEAN のグランド・イカ天キングを阻んだことにも抵抗感があったし(あの対決は NORMA JEAN の勝ちだと思ったのだが・・・)、ベースが欠けた3人の構成というのも評価しがたい点だったし、5週ともオリジナルではなくクラプトンなんかやってたのも「なんかなあ」という感じだった。

僕のイカ天体験ではやはり FLYING KIDS と たま が双璧だった。

番組2年目(そしてこの年終了)になると5代目、7代目のグランド・イカ天キングはもうあまり記憶に残っておらず、6代目グランド・イカ天キングである BLANKEY JET CITY が強烈に脳裏に焼き付いている。

当時僕が買ったイカ天バンドのCDは5枚:FLYING KIDS、セメントミキサーズ、たま、マルコシアス・バンプ(これは後にヤフオクで売っちゃったけど)、そしてイカ天ライブ。

『三宅裕二のいかすバンド天国』は最初の3~4回こそ見逃したものの、それ以降は全回観た。この前番組であった『土曜深夜族』もずっと観ていた。そして、平成元年からのイカ天と並んで昭和の末期、1980年代中ごろのCX『オールナイト・フジ』も毎週欠かさず見ていたので、僕にとって土曜の深夜はとても忙しい時間だった。いや、土曜の深夜TVを観るために生きていたと言っても過言ではないくらい、それは僕の青春であり、僕の生きがいでもあった。

思えばTVが力強く幸せであった時代だ。

【余談】ところで今回の特番で JITTERIN' JINN に全く触れなかったのは何か理由があったのかな?

|

« 大塚国際美術館 | Main | 良いお年を »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/17527701

Listed below are links to weblogs that reference TBS『イカ天2007復活祭』:

« 大塚国際美術館 | Main | 良いお年を »