« 【訂正】小泉今日子出演作品 | Main | カウンタは回る »

Tuesday, December 11, 2007

本格的ネットワーク時代の夜明け

【12月11日特記】 たとえばウチの東京支社と本社との間での資料のやり取り。

大昔なら郵送以外に手はなかった。ま、これは論外。

そして昔ならFAX。これは下手すると斜めになったり字が潰れたりして読みにくくなったりするが、それでもあるとないとでは大違いだ。

僕が入社した頃には我が配属先にはFAXが1台もなくてわざわざ報道局まで借りに行ったものだが、ニュース番組の開始直前に借りに行くと随分嫌な顔をされたもんだ。今やほぼ各部局に1台になって非常に楽になった。

それが、インターネット時代になってメールに添付して送られてくるようになった。これはこれでもちろん便利になったなあとは思ったが別に驚きはしなかった。

ところが最近では、東京支社の人間が本社のプリンタからプリントアウトして「見ておいてください」などと言う。

ネットワーク・プリンタ登場の恩恵なのだが、これにはちょっと驚いた。だって彼はファイルを送ったのではなく東京から印刷命令を送っただけだもの。

うむ、これこそネットワーク時代の象徴のような気がする。ホントにあっちとこっちが接続されているんだなあと感慨も一入である。

|

« 【訂正】小泉今日子出演作品 | Main | カウンタは回る »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 本格的ネットワーク時代の夜明け:

« 【訂正】小泉今日子出演作品 | Main | カウンタは回る »