« あった! | Main | 大塚国際美術館 »

Friday, December 28, 2007

投票:日本インターネット映画大賞

【12月28日特記】 今年も依頼のコメントがついたので「日本インターネット映画大賞」日本映画部門に投票してみることにした。僕の感性とは多少趣の異なる賞ではあるが、ま、こういう形で個人から社会に働きかけをするのも良いかと思う。

[作品賞投票ルール(抄)]

 ・選出作品は5本以上10本まで
 ・持ち点合計は30点
 ・1作品に投票できる最大は10点まで

昨年は限度一杯の10作品をエントリーしたので必然的にひとつずつの作品につけた点数が低くなってしまったので、今年は逆に5本だけに投票して影響力を極大にしようと思う。

【作品賞】(5本以上10本まで)
  「サッド・ヴァケイション」:10点
  「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」:9点
  「それでもボクはやってない」:8点
  「幸福な食卓」:2点
  「恋するマドリ」:1点
-----------------------------------------------------------------

【監督賞】              作品名
   [青山真治] (「サッド・ヴァケイション」)
【主演男優賞】
   [浅野忠信] (「サッド・ヴァケイション」)
【主演女優賞】
   [佐藤江梨子] (「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)
【助演男優賞】
   [瑛太] (「アヒルと鴨のコインロッカー」)
【助演女優賞】
   [永作博美] (「腑抜けども、悲しみの愛を見せろ」)
【新人賞】
   [北乃きい] (「幸福な食卓」)
【音楽賞】
  「マニアの受難」

-----------------------------------------------------------------
 この内容(以下の投票を含む)をWEBに転載することに同意する。
-----------------------------------------------------------------

|

« あった! | Main | 大塚国際美術館 »

Comments

先般は日本インターネット映画大賞への投票ありがとうございました。遅くなりましたが、作品賞ならびに各賞が決定しましたのでお知らせいたします。今後とも、日本インターネット映画大賞をよろしくお願いいたします。

Posted by: 日本インターネット映画大賞事務局 | Saturday, February 09, 2008 at 09:36

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/17503084

Listed below are links to weblogs that reference 投票:日本インターネット映画大賞:

» 日本インターネット映画大賞(2007年日本映画) [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
2007年の劇場公開映画からベストテンを選んでみました♪ ----------------------------------------------------------------- 【作品賞】 「幸福な食卓」                10点 「それでもボクはやってない」        8点 「バブルへGO!! タイムマシン... [Read More]

Tracked on Monday, December 31, 2007 at 13:06

» 2007年のまとめ・日本インターネット映画大賞 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
ベストソング、アルバム、ライブ、ドラマ、映画それぞれのジャンルの2007年ランキングを選んでみた。下線をクリックするとレビューへ飛ぶ。 なぜ個別にしないかって? めんどくさいからw2006年はココ 2005年はココ 2004年はココ... [Read More]

Tracked on Thursday, January 03, 2008 at 02:33

» 日本インターネット映画大賞 2007年度日本映画部門(訂正あり) [ともみの言いたい放題♪]
去年1年間で、30本もの映画を見ました。 しかも、そのほとんどが邦画・・・ [Read More]

Tracked on Saturday, January 05, 2008 at 21:43

« あった! | Main | 大塚国際美術館 »