« BSデジタル2社開局 | Main | 男子/女子図書委員 »

Monday, December 03, 2007

生涯観た邦画で

【12月3日更新】 12月に入った。またそろそろ今年1年間で観た邦画を総括する時期だ(まあ、まだあと何本かは観るだろうけど)。

1年に観た何十本かの中から何本かを選んだり、順位をつけたりするのは簡単なことではない。1年ですらそうなのだから、これが生涯となるとほとんど順列を付けるのは不可能となる。

「生涯観た邦画のベストテンは?」とか「生涯観た邦画で特に良かったものを3本(5本)だけ選べ」と言われると、答えははっきりしている──「無理です」。

無理やり選ぼうとすると、多分今日選んだ3本と明日選ぶ3本が全く別のものになったりするだろう。

ただし、「良かったもの」と言われると無理だが、「影響を受けた作品を3本選べ」と言われたら、何故だかこれはすんなり言える。それは、

  • 『Keiko』(クロード・ガニオン監督、1979年キネ旬3位)
  • 『の・ようなもの』(森田芳光監督、1981年キネ旬14位)
  • 『台風クラブ』(相米慎二監督、1985年キネ旬4位)

の3本だ。

「影響を受けたって、何に? どういう風に?」「その映画を見て何が変わったの?」などと畳みかけられると上手く答えられないが、大げさに言うなら哲学とか人生観とかいうジャンルの問題だ。

それらの映画は僕のものの見方を変えた、あるいは方向性を決定づけたと言えるんではないだろうか。だから30歳を過ぎてから観た映画は上がって来ないのかな、などと自分で分析してみる。

この3本の邦画は、僕にとってはそれほど大きな「表現」だった。

そして今年も素晴らしい表現にたくさん出会った。
もはやそこから「影響」を受けられるほど僕は柔軟ではないのかもしれないが・・・。

|

« BSデジタル2社開局 | Main | 男子/女子図書委員 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 生涯観た邦画で:

« BSデジタル2社開局 | Main | 男子/女子図書委員 »