« 回顧:2007年鑑賞邦画 | Main | あった! »

Tuesday, December 25, 2007

ドラマW『蒼い瞳とニュアージュ』

【12月25日特記】 WOWOW から録画したままになっていたドラマW『蒼い瞳とニュアージュ』を昨夜漸く観た。ドラマW最新作4週連続放送の最終回である。水谷俊之監督。

全然期待せずに見たこともあって意外に面白かった。

ニュアージュの会という、希望者に青酸カリを配布している謎の団体がある。キャバクラでホステスを人質に立て籠もった犯人が、現場に踏み込んだ警察の前でニュアージュの会からもらったと思われる青酸カリで自殺した。

人質が解放された後、彼女たちに見事なカウンセリングをしてみせた、派手なギャル風で「らしくない」臨床心理士・恵梨香(深田恭子)。被害者の1人で心に傷を負う麻美(佐津川愛美)。

そして、同じくその青酸カリで自殺を図り、死ぬ間際に爆弾テロを予告したビデオテープを残した男(松重豊)。恵梨香の実力を見込んで捜査に協力を依頼する警察庁特別捜査支援室の宇崎(萩原聖人)。宇崎と恵梨香に批判的な上司の高津(佐藤江梨子)。逆に協力的な刑事(石橋凌)

ま、そんなキャストとストーリーである。先ほど面白かったと書いたけど、筋の上ではイマイチすっきりしない点も残っている。テロを結局家族の問題に持って行こうとするところにそもそも無理があったのではないかな。

ただ、主人公・恵梨香のキャラがくっきり立っているので結構楽しめる部分はある。彼女に引きずられる萩原聖人が好対照をなしていたし、それに加えて暗い上司のサトエリもなかなか印象深かった。

水谷俊之の演出は、テレビドラマとしては1つひとつのカットを長めにとって、役者にじっくりと芝居をさせて、その間カメラは割と自由に動かしていたりして、なかなか融通無碍である。

今回結構驚いたのは(多分、「今ごろ何言ってんの?」と言われるだろうが)フカキョンで、こんなに肉感的な女優だったということ。僕は普段からあまり女性の体を見ていないので、そういうことを見過ごしてしまうことが多いのだが、今日見たらむちむちではないか。胸の谷間も凄い。びっくりした。

別に昨日今日そういう肉体になったという訳ではないだろうが、この役ほど肉体を強調したことは今までなかったんじゃない? そんなことない? (ファンじゃないのでよく分からない)

深田恭子のホリプロでの後輩であり、『腑抜けども、悲しみの愛を見せろ』でサトエリの陰気な妹役を演じた佐津川愛美がまたもや陰気な役。この子は結構この路線で生きて行くのかもしれない。

松重豊の息子になった柄本佑。こいつも今回またこんな暗い役。彼もまたこういう路線で生きて行くのかもしれない。

|

« 回顧:2007年鑑賞邦画 | Main | あった! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/17468135

Listed below are links to weblogs that reference ドラマW『蒼い瞳とニュアージュ』:

« 回顧:2007年鑑賞邦画 | Main | あった! »