« 文明の利器 | Main | 回顧:2007年鑑賞邦画 »

Sunday, December 23, 2007

映画『椿三十郎』

【12月23日特記】 映画『椿三十郎』を観てきた。

賛否両論あるようだ。ちょっと乱暴かもしれないが、容易に想像がつくのは黒澤明版を観た人には概ね不評、観たことない人には概ね好評という色分けがある程度成り立つように思う。

僕は黒澤明の映画を一度も見たことがない。TVやDVDなどを含めても一度も見たことがない。ついでに言うと小津安二郎も溝口健二も木下恵介も成瀬巳喜男も、同様に1本も見ていない。単にみんな昔の映画だとしか思わない。今の時代に彼らを見ても昔の観客が衝撃を受けたのと同じように驚くことはできない気がするのである。

という訳で僕も「黒澤明を知らない」(黒沢清なら知ってるけど)グループの一員であり、そしてこの映画を褒める輩なのである。

黒澤明に対して何の思い入れもない上に、そもそも僕は時代劇というものの存在自体に対して基本的に否定的であり、従ってストレートな時代劇は滅多に観ないのである。だから、森田芳光によるこのリメイクの脚本がほとんどオリジナルのままであると知って、「なんじゃそりゃ、それで意味あんのか?」と思ってしまった。

にも拘わらずこの映画を見ようと思ったのは、角川春樹+森田芳光(ついでに言うと、+東宝)という組合せが面白いなと思ったからである。

角川春樹については頭のねじが2~3本外れた人という捉え方が一般的であまりよく言う人を知らないが、僕は彼の映画界デビューからずっと心密かに尊敬している。停滞していた日本映画界に間違いなく新風を吹き込んだプロデューサだったと思うのである(ただし、監督の才はからっきしなかった)。

角川春樹には恐らく黒澤作品に対する思い入れがたっぷりあっただろう。そして、森田芳光にはどうだったのかな、と思って観たのだが、パンフを読むと森田自身も黒澤オリジナルのファンでありリメイクしたかったとのことである。

恐らく2人の思い入れの方向性を比較するととんでもなく食い違う部分も多かったのではないかと思う。森田はよくぞ角川の強烈な個性をうまくかわして自分の映画を撮ったもんだと思う。

そう、これは完全に森田映画になっていた。笑いの"間"が完全に森田の"間"になっていた。これなら昔の脚本をほとんどそのまま使うというのもアリかなと思う。まあ、でも、そのまま使って古さが出ないのは脚本が素晴らしい証拠だろう。「押し入れ侍」なんてホントに現代的なギャグであると思う(佐々木蔵之介が演じたこの役はオリジナルでは小林桂樹だったらしい)。

ほんで、三十郎に扮した織田裕二の持ち味である一本調子の演技を全く規制せずに暴走させたことがものの見事に成功している。三船敏郎とは恐らく全然違う、いささか軽い、しかし現代に照らして魅力的な三十郎だったのではないか。

オリジナルの構図と比べてどうだったのか知る由もないが、この映画は画としてもとても面白く、こういう面白い画を見せられるとリメイクする意味があったなと思ってしまう(撮影は浜田毅である)。

──9人の若侍の1列に繋がった画、門や塀を越えて縦に動くカメラ、殺陣における人間と刀との両方が疲弊する様子。そして、オリジナルを大きく変えたラストの織田裕二と豊川悦司の決闘シーン(この有名なシーンだけはさすがに見て知っていた)、等々。

どうでも良い作品だけど面白い映画だった。

こうなると黒澤明のオリジナルと見比べてみたい気もする。いや、それよりももう一度森田版を見直してみたい気持のほうが強いかも。

|

« 文明の利器 | Main | 回顧:2007年鑑賞邦画 »

Comments

突然で申しわけありません。現在2007年の映画ベストテンを選ぶ企画「日本インターネット映画大賞」を開催中です。投票にご参加いただくようよろしくお願いいたします。なお、日本インターネット映画大賞のURLはhttp://www.movieawards.jp/です。

Posted by: 日本インターネット映画大賞 | Friday, December 28, 2007 01:49

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『椿三十郎』:

« 文明の利器 | Main | 回顧:2007年鑑賞邦画 »