« 効くーっ! | Main | A crane on Xmas »

Saturday, December 15, 2007

markup language?

Hakataroutemap1 【12月15日特記】 福岡に出張に行ってきました。で、今回の出張で初めて気がついたのですが、地下鉄の各駅ごとにマークがあるのね(→ごめん、この写真はちょっと見にくいかな)。

これは他ではあまりお目にかからない独特の企画ですね。うん、良いか悪いかは別として、印象は非常に強いです。

東京メトロはいちはやく駅に番号を振りました。

例えば四谷三丁目ならM11。Mは丸ノ内線で千代田線ならC、大江戸線はOではなくてE。乗り換え駅の場合は交差する路線の数だけ番号があって、例えば三越前には銀座線のG12と半蔵門線のZ09が割り当てられています。面白いのは支線で、例えば丸ノ内線本線はMですが中野新橋から方南町までは小文字のmになって新中野~荻窪とかぶらないようになっています。

こういう工夫はまず間違いなく日本語が読めない外国人に対するサービスですよね。これは外国人も重宝しているのではないかな、と思います。

ほんで大阪市営地下鉄も少し遅れてこれと全く同じシステムを導入してます。これは関西を訪れた(あるいは在住の)外国人にも喜んでもらえたのではないかな。

Hakataroutemap2 ところが博多っ子は決して東京や大阪の真似はしないんですね。いやあ、偉い!

で、それがこのマークですかい。いや、マークっちゅうより「絵」に近いもんまであるぞ。

Hakataroutemap3飛行機を図案化した福岡空港なんかは外国人にも分かりやすいと思うんですけど、 中洲川端なんて、どーよ、これ? 漢字文化圏の人間以外には全く意味も分からなければ憶えるのも至難の業だと思うぞ。

天神南とか祇園とかも凄いしね。

これは一体誰のため、何のためのマークなんですか?

福岡在住の読者の方、もしご存じなら是非コメント欄で教えてください。

|

« 効くーっ! | Main | A crane on Xmas »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference markup language?:

« 効くーっ! | Main | A crane on Xmas »