« 紅白歌合戦的国民 | Main | 映画『転々』 »

Saturday, November 24, 2007

バージョンアップとメモリ

【11月24日特記】 ウィルス対策アプリケーションとしては TRENDMICRO のウィルスバスターを長らく使っている。

ウィルスバスター2006は非常に重くて、PCの立ち上がりも遅くなったし、これがスキャンをし始めると作業は諦めて何か別のこと(風呂に入るとか)をするしかなかった。

それが ver. 2007 では少し改善されて、今度の2008は相当軽くなったということを売りにしているようだ。

ならばということで、家のPCを順番にバージョンアップしてみる。

ところが妻の古いほうのPCで作業にとりかったら、「このバージョンを入れるにはメモリが不足しているのでメモリを増設せよ」というメッセージがポップアップしてきた。

なんだよ、それ。軽くなったと言ってもやっぱり大量にメモリを食うということじゃないか!?

で、はて、このPCの RAM ってどのくらいだっけ?と調べてみたら 256MB。

うーむ。僕が今使ってるPCの8分の1だという言い方もできるが、僕が初めて買ったPCの20倍だとも言える。

今や 256MB じゃ心許ない時代になっちゃったんですね。確かに最近このPC触ってると反応が遅くて(と言うかほとんどフリーズ状態に近いことが多くて)いらいらする。ということでヨドバシにメモリ買いに走る。

で、帰って来てメモリ装着。何年ぶりかな、この作業するの。妻が「どうやって増設するのか見たい」と言って見に来たけど、今のノートPCってすごく簡単になってるんですよね。で、何の面白味もなく難なく終了。256MB→768MB。

で、目に見えて速くなった。んで、せっかく速くなったのだから、もしウィルスバスターをバージョンアップすることで再び遅くなっては元も子もないので、バージョンアップは断念。

我ながら何やってんだかよく分からない。でも、ま、速くなって良かった。

|

« 紅白歌合戦的国民 | Main | 映画『転々』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference バージョンアップとメモリ:

« 紅白歌合戦的国民 | Main | 映画『転々』 »