« 存在しないものを盗られる | Main | 映画『M』 »

Saturday, November 03, 2007

携帯騒動記

【11月3日特記】 携帯(P903iX)が壊れた。いや、電話としての機能は大丈夫なのだ。問題はカメラ機能。

カメラに切り替えても液晶には何も映らない。液晶の故障ではない証拠にシャッターを押してみても何も映っていない。壊れたのはアウトカメラだけ。インカメラは正常に作動。アウトカメラは静止画もビデオもダメ。

不思議なことに、今朝もう一度カメラに切り替えてみたら正常。そして、たまたま今日ヨドバシカメラに行く用事があったのだが、店の入り口でもう一度試してみたらまたダメになっていたので結局修理に出すことにした。

もちろん、その場で直してくれるはずもなく1週間か10日ほど預けることになる。代替機は貸してくれる(「だいがえき」ではなく、ちゃんと「だいたいき」と読んでね)。3種類あったがメーカーだけ見て操作性が似ている P903i にする。

さて、そこからが面倒なのだ。

修理に出す際に全ての設定がリセットされるので、保存しておきたい写真やメールは自分で microSD カードにバックアップする。

アドレス帳やブックマークはお店のほうで代替機に移してくれて修理が終わったらまた戻してくれる。

ふと気づいて「おサイフケータイなどの機能はどうなるんですか?」と訊いてみたら、これらも全てリセットされるので1つひとつ手続きが必要だと言う。げっ、僕の携帯には20以上の iアプリが入っている。これにいちいちなんかする必要があるのか?

僕のげっそりした顔を見て店員は「IC引っ越しでできないか調べてみます」と言う。そして調べた結果大丈夫だと言うので安心して渡したのだが、出来上がりの時間になって取りに行ったら、「移せるものと移せないものがある。どれが移せないかはっきりしない」などと言う。

僕としては「iD (DCMX)と Edy とモバイルSuica と JAL IC ポケットの4つが生きていれば他は死んでも構わない」と申告。店員は「ならばここでやってしまったほうが早い」ということで、現在の状況/設定をネットに預ける作業を順番にする(それぞれに異なるパスワードを全く間違えずに入れた自分に我ながら感心した)。

ところが JAL だけやり方が解らない。少しネットの説明を読んで「多分このままで大丈夫でしょう」という決断をしてあとは店員に委ねた。

ヨドバシの店員は「いいですか、リセットしますよ」と妙にもったいぶった挙句ボタンを押した。

後で JAL に電話して訊いてみたら、携帯にポイントを落としていなければそのままリセットして、後にまたアプリを落として登録し直せばそれで済むとのこと。

さて、修理が終わったら今度はこのもろもろに対する逆の作業がある。故障や乗り換えの度にこういうことが必要になるのである。

なんと面倒なことか。ほんで気がついてみたら iモードのブックマークは移してあるけど、(代替機の P903i では見られないので当然と言えば当然ですが)フルブラウザのほうのブックマークは消えちゃってるじゃないですか。

なんとかならないですかね? もうちょっと巧く移せる手段がないと、せっかくの多機能が乗り換えの度に打ち捨てられたりする羽目になったりしませんか?
なんか考えてみてくださいよ、技術者の皆さん。

|

« 存在しないものを盗られる | Main | 映画『M』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/16962665

Listed below are links to weblogs that reference 携帯騒動記:

« 存在しないものを盗られる | Main | 映画『M』 »