« メ~テレ『ガンジス河でバタフライ』(前編) | Main | 映画『サウスバウンド』 »

Sunday, October 07, 2007

映画『パンズ・ラビリンス』

【10月7日特記】 映画『パンズ・ラビリンス』を観てきた。

単なるファンタジーだと思って見に行くと、あるいはスペイン内戦を巧みに織り込んだファンタジーだ、ぐらいの認識で見に行くと足許掬われるぞ。

これは死生観に係わって来るファンタジーだ(今回はちょっとネタバレの記事になるかも知れんので、あしからず)。

舞台は1944年、スペイン。12歳の少女オフェリアと母が軍の車で山奥の駐屯地にに向かう。そこで待ち受けているのは、オフェリアの新しい父になるビダル大尉。フランコ側の指揮官であり、そして非常に残忍な男である。彼は新しい妻をではなく、妻の胎内に宿る息子(と決めつけている)を待っていた。

駐屯地の使用人メルセデスはゲリラ側に通じている。彼女の弟が共和派ゲリラの指導者なのである。

その重苦しい暮らしの中で、オフェリアは妖精に出会い、パン(牧神)の待つラビリンス(迷宮)へと誘われる・・・。

スペインあるいはメキシコなどのスペイン語圏の映画に共通の特徴だと思うのだが、展開が早い。トントンと進んで無駄がない。"溜め"とか"ケレン"とかいったものが全く無くてスースー進んで行くのである。

アカデミー撮影賞・美術賞・特殊メイクアップ賞を受賞した作品だから、僕がくだくだ書くまでもなくそういう部分は大変楽しめる。そしてやっぱりファンタジーの部分を素直に楽しむこともできる。しかし、冒頭にも書いたように、この映画のファンタジーは部分でしかないのである。

PG12になっているのは残忍なシーンが多いからだ(刃物恐怖症、先端恐怖症の人は要注意。体が凍りつきそうなシーンがあるよ)。これはやっぱりこの映画にどうしても必要な要素だったんだろうなと思う。北野武も言ってたけど、痛いことはちゃんと痛そうに描くのが制作者の責任である。

僕が強烈に思ったのは、フランコが死んでもう30年以上経つと言うのに、はあ、スペインの人たちはいまだにフランコ反乱軍と戦っているんだ、ということだった。

映画の見方は基本的に見る側の自由であり、監督のギレルモ・デル・トロも決してそんなことを押しつける気はないのだろうが、僕は「スペイン内乱を意識せずに見る者はこの映画を見る資格はないのではないだろうか?」と強く感じた。

スペインへの留学経験を持つ妻は言った。

スペインはアメリカみたいなインチキなキリスト教じゃなくてカトリックだから、正義が必ず勝ったりしないのよ。そして、人は死ななきゃ神の救いは得られないのよ。

生と死、幻と現が完全に裏表になっている。この映画は単純なファンタジーに終わらず、その先で哲学に繋がっているのである。

そこが一番面白いと思った。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

映画細胞~CinemaCell
犬儒学派的牧歌
大道芸観覧レポート
CARAMEL*PAPA

|

« メ~テレ『ガンジス河でバタフライ』(前編) | Main | 映画『サウスバウンド』 »

Comments

こんばんは、久しぶりに映画記事のほうにコメントさせていただきます。
>カトリックだから、正義が必ず勝ったりしないのよ。
さすが達観しておられますね、奥様。私はスペインの歴史についてよく知りませんが、過去に異端審問や魔女狩りのような凄惨な体験を持つが故に、かえって単純な善悪二元論の描き方には陥らないのだろうかと思ったりしました。ともあれ、作者の懐の深さを感じる作品でした。

Posted by: 狗山椀太郎 | Thursday, November 08, 2007 at 00:50

こんにちは。
大道芸観覧レポートという写真ブログをつくっています。
映画「パンズ・ラビリンス」、いい映画でしたね。
私もブログでとりあげています。
よかったら、寄ってみてください。
http://blogs.yahoo.co.jp/kemukemu23611

Posted by: kemukemu | Sunday, November 11, 2007 at 16:05

> kemukemuさん
コメントありがとうございました(コメント返しなのでそちらではなくこちらのブログに書きます)。ブログも拝見しました。TBもさせてもらいました(2の記事ではなく1の記事のほうに)。

Posted by: yama_eigh | Sunday, November 11, 2007 at 17:46

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/16688467

Listed below are links to weblogs that reference 映画『パンズ・ラビリンス』:

» パンズ・ラビリンス  称号:良作 [映画細胞~CinemaCell]
1944年、スペイン。少女オフェリアは内戦で父を亡くし、母の再婚相手である大尉 [Read More]

Tracked on Monday, October 08, 2007 at 02:24

» 映画「パンズ・ラビリンス」(2006、墨・西・米) [富久亭日乗]
 ★★★★☆  スペインの内戦下、 14歳の少女が、妖精に導かれ3つの試練に挑戦する物語。 ただし予定調和的な子供向けファンタジーではない (拷問のシーンなど残酷な場面があり、「PG-12」指定だ)。  原題はEl laberinto del fauno、英題はPan's Labyrinth。 「パン」はギリシャ神話の牧羊神。  物語は、少女が母親とともに、 スペイン独裁政権軍の要塞に向かうところから始まる。 そこには母親の再婚相手である 冷酷無比な大尉が待っている。 大尉は村人やレジスタンスの兵士... [Read More]

Tracked on Friday, October 12, 2007 at 08:11

» 「パンズ・ラビリンス」お伽話は実は残酷な物語 [soramove]
「パンズ・ラビリンス」★★★☆ イバナ・バケロ 、 セルジ・ロペス主演 ギレルモ・デル・トロ 、メキシコ=スペイン=アメリカ 2006年、119分 1944年、内戦終決後のスペイン。 深い森の大きな田舎家へ 妊娠中の母とやってきた少女が主人公。 すべてが自分...... [Read More]

Tracked on Wednesday, October 17, 2007 at 20:18

» パンズ・ラビリンス:「現実世界の写し絵」としてのファンタジー [犬儒学派的牧歌]
★原題:El Laberinto Del Fauno ★監督:ギレルモ・デル・トロ(2006年 メキ... [Read More]

Tracked on Thursday, November 08, 2007 at 00:39

» パンズ・ラビリンス 「逃げ場のない刹那さ」 [CARAMEL*PAPA]
カテゴリに入れるならホラー、しかしホラーでない? ダーク・ファンタジーと銘打たれた「パンズ・ラビリンス」作品概要については公式及びwikiを参照してください。多くの賞を取ってい... [Read More]

Tracked on Tuesday, December 11, 2007 at 02:37

« メ~テレ『ガンジス河でバタフライ』(前編) | Main | 映画『サウスバウンド』 »