« TBS・水トク『巨星・阿久悠の世界』 | Main | 映画『めがね』 »

Sunday, September 23, 2007

映画『包帯クラブ』

【9月23日特記】 映画『包帯クラブ』を観てきた。

堤幸彦作品を初めて観たのはいつだったろう。多分テレビのシリーズだったと思うのだが、あの映像手法には随分とショックを受けた。でも、その後、同じ遊び(例えばカメラが寄ったり動いたりする際にわざとコマ落とし風にする例のアレとか)を何度もやってる人で、何度か見てしまうと新鮮味は薄れてくる。

原作の天童荒太という作家は、僕にとってはどうにも食指の伸びない作家である。何冊か本屋で手に取ったことはあるが、どうにもこうにも薬臭くて買う気にならなかった。

にもかかわらずこの映画を見る決め手となったのは、脚本が森下佳子だからである。

このブログでも「森下佳子から目が離せない1」及び「」という記事を書いたことがあるくらいで、僕はこの作家を高く評価している。非常に台詞が斬れる人だ。

この映画でも彼女の言葉は斬れまくり冴え渡って、僕は何度か小声を挙げそうになったほどだ。

なのにパンフでは森下佳子にひと言も触れていない。紹介文さえない。ありえねー!

ワラ(石原さとみ)、ディノ(柳楽優弥)、シオ(貫地谷しほり)、ギモ(田中圭)の4人はひょんなことから「包帯クラブ」を始める。HPで募集をかけて、傷ついた人の傷ついた場所に包帯を巻きに行き、それを撮影してアップする。報酬は取らない。包帯代などの経費は自腹。

自分のことで傷ついたりふてくされたりするのに精一杯だった彼らが、他人の痛みに触れることによって社会的な成長を遂げる。

──とまあ、そこまでは良いのだけれど、物語は結局彼らの狭い友情問題へと戻ってくるのであり、まあ、そんなもんだと言えばそんなもんだし、いきなり社会問題を語っても仕方がなく身の周りから解決して行くのが地に足のついたやり方だとは思うのだが、社会的な運動から自分たちの矮小な友情の問題に帰着してしまったことについて登場人物たちに忸怩たる思いが伺えないところが、ちょっとこのストーリーの限界なのかなと思ってしまった。

冒頭に近いシーンで柳楽と石原が出会うのだが、いきなり柳楽のおかしなイントネーションの関西弁に思いっきり引いてしまった。後にこれは方言指導の失敗ではなくて、そういう設定の登場人物であることが分かるのだが、それにしてもぎも゛ぢ悪い。

ただ、今回の柳楽は非常に良かった。カンヌでなんと主演男優賞を獲ってしまった『誰も知らない』にしても、その後の『シュガー&スパイス』にしても、僕は彼を巧いと思ったことはない。ダイハツ Mira のCMで少し役者らしくなってきた感はあるが、基本的に「地」でやれてきた役者であって、意識的な演技力を感じさせてくれることはなかったのである。

今回のこのエキセントリックな役柄は柳楽にとっての新機軸となった。本人も楽しくやれたのではないかな。なかなか良かった。

そして、この映画で特筆すべき点と言えばやはり森下佳子である。
ストーリー進行の必然性からは出てこない台詞を、劇の外側からひょいと投げ込んで来る感じがある。──それがリアリティなのである。そして、リアリティのある台詞が割り込んで来ると、それがその後の筋を運び始めるところが怖い。

柳楽最大の見せ場となった、クライマックスでの高崎市庁舎屋上のシーンには参ったね。あの絶叫。そして、あの如何にも堤映像という感じの空撮。分っていながら魅了されてしまった。

物理的に包帯を巻くことが何ごとかであるはずがない──このことを、この原作の限界性が皮肉にも示してくれていることがひとつのめっけもんかな。どうしても多少の薬臭さが抜けないところに抵抗感はあるが、まあ、そこそこの映画でした。

スタッフ・ロールの後もう1シーンあるので注意。

|

« TBS・水トク『巨星・阿久悠の世界』 | Main | 映画『めがね』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『包帯クラブ』:

» 映画「包帯クラブ」 on DVD [朕竹林 ~ネットはテキストだ~]
半年前くらいに観よう観ようとして、観れなかった映画。「鴨とアヒルのコインロッカー」同様、地味めな感動映画。Movie Walkerで高い評価を得ていた作品。 でも、どうも10代、20代向きの映画かも知れない。この映画のキモは、ディノという風変わりな人物に共感できるかなんだが…。 悪くはないが、どこか共感が弱かった。 年をとったのか…な。 監督:堤幸彦 役者:石原さとみ、柳楽優弥 しかし、これが堤幸彦作品とは、改めて驚く。 ◇トラックバック シネマトゥデイ h... [Read More]

Tracked on Saturday, March 08, 2008 23:10

« TBS・水トク『巨星・阿久悠の世界』 | Main | 映画『めがね』 »