« なんか、よく分からん奴だな、こいつ | Main | 映画『SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ』 »

Thursday, September 13, 2007

方向と質量

【9月13日特記】 僕は子供のころから髪の毛が硬くて太くて張りがあった。

いつも散髪屋のおっちゃんに「兄ちゃん、毛ぇ硬いなあ。ハサミ痛むわ」と嫌がられた(いや、ホンマの話)。

おまけに僕の頭の両サイドの毛はまっすぐ前に向かって生えている。毎朝これを宥めて寝かしつけるのが大変なのである。

細くてしなやかな毛髪を持った人にとってはピンと来ない喩えかもしれないが、僕のような人間からすれば、髪の毛はベクトルである。方向と質量を持っている。

僕の横の毛は前方に向かうベクトルなのである。これを寝かしつけるためには他の角度のベクトルと合成する必要が出てくるのである。

で、うまく寝かしつけるのに失敗した場合、さすがに横の毛が前に向いたままということはないのだが、結局両サイドが膨らむという形になる。妻はこれを称して「イカ頭」と言う。

そして、寝ているときはベクトルたちにとっては混沌の世界なので、朝起きた時には凄い寝癖がついていることが多い。大体はどちらかのサイドが跳ね上がって凄いことになっている。

多いパタンは『ちびまる子ちゃん』の花輪くん。

今朝は妻にピカチュウだと言われた。

|

« なんか、よく分からん奴だな、こいつ | Main | 映画『SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 方向と質量:

« なんか、よく分からん奴だな、こいつ | Main | 映画『SUKIYAKI WESTERN ジャンゴ』 »