« 映画『ショートバス』 | Main | 『ウィキノミクス』ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ(書評) »

Monday, September 10, 2007

集合知の快楽

【9月10日特記】 先日から妻のPCが突然ネットに繋がらなくなる現象が相次いだ。いろいろ調べたり試したりした結果、ルータの電源を一旦落として再度繋げてやると、ルータとPCが改めて会話して元の通りに繋がる。

妻は「Skype のせいなんじゃないの?」と疑い、僕は「繋がらなくなる直前にウィルス対策ソフトの設定を変更したのがまずかったかな」と訝り、でも一番怪しいのは導入当初から課題含みのプリントサーバ。だって、繋がらなくなるのは常に印刷した後なんだもの。

ほんで、例によって会社に行って部下にその話をすると、原因は定かではないが、もし BUFFALO のルータを使っているなら、ファームウェアのアップデートをするとその現象は収まると教えてくれた。

ルータのファームウェアとは盲点だった。帰宅してさっそくアップデートしてみる。

いやあ、こういうのって、まさに"集合知"だなあと思う。会社に行って話をすると何がしかが解決するんだから。もちろん僕が教わることのほうが圧倒的に多いのだが、だからと言ってこれは一方的/片務的な関係ではない。

事実 KB938979 のアップデートの件は僕が彼に情報を与えてやったりもした(ちょっと自慢たらしいかw)

昨今 Web2.0 的手法の一環として"集合知"が喧伝されているが、そんなこととは関係なく、つまり Web2.0 なんてことを意識するまでもなく、僕らの仕事や生活はますます集合知を活用するようになってきていると思う。皆に投げかければ回答が返ってくるのである。

今はまだ、それを Web1.0 的なメールベースで遂行していたりすることもあったりするのだが、それでもやっていることは集合知の活用に違いない。

多くの人と繋がることは、仕事であれ趣味であれ、それらを安楽なものにしてくれるのである。

とても気持ちが良い。でも、妻のPCがネットワークから遮断される問題はまだ解決したのかどうか確かめられていないので、喜ぶには早すぎる。

ところが、にもかかわらず、すでにとても気持ちが良いのである。

|

« 映画『ショートバス』 | Main | 『ウィキノミクス』ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 集合知の快楽:

« 映画『ショートバス』 | Main | 『ウィキノミクス』ドン・タプスコット、アンソニー・D・ウィリアムズ(書評) »