« 昔の会話、今の回想、そして | Main | 映画『吉祥天女』 »

Wednesday, July 04, 2007

ワイシャツの袖とダンディさの考察

【7月4日特記】 今日会社で「おっ、半袖じゃないですか」と言われた。そう、去年も着てたし、今年は今週の月曜日から半袖のワイシャツで通勤している。割合早く気づいてくれたもんだ。

世の中には夏でも半袖のワイシャツを着ない男たちがいる。

曰く(もちろん全員の意見ではないだろうが)、「半袖のワイシャツだと汗で腕と(背広の)袖がくっつくのが気持ち悪い」と。

僕の場合は腕のその辺りにはあまり汗をかかない(ともかく手の平だけ大量に汗をかく。だから小学校のフォークダンスが恥ずかしくて仕方なかった)。だから腕と袖がくっつくという実感がない。

しかし、いずれにしても、そこに汗をかく人なら、長袖のワイシャツを着れば腕と背広の袖とはくっつかないだろうが、腕とワイシャツの袖はくっつくだろう。腕と背広は気持ち悪いのに腕とワイシャツは気にならないというのも理解に苦しむ。

彼らの立場に立って僕なりに一歩論を進めると、汗をかいた裸の肌と触れ合うことによって衣服は痛むのである。ワイシャツは言わば消耗品であるから汗に濡れて痛むのも仕方がないが、背広が直接汗に濡れることは避けるべきである、ということかな?

そんな風に書くと、なんかみみっちい感じもしないではない。一方、男子たるものそういう気配りによって背広に対する手入れを怠らないというのも大事なことである、とも言える。

背広を長持ちさせるために、暑くても長袖のワイシャツを着るという意識的・能動的な姿勢はそれはそれでお洒落である。

ダンディ、というのはほとんどもう死語で、つまり世間ではほとんど使われなくなってしまった言葉なんだけど、上のような心掛けが「みみっちい奴」と思われずに済んだとき、その人はそう呼ばれるのではないだろうか?

|

« 昔の会話、今の回想、そして | Main | 映画『吉祥天女』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ワイシャツの袖とダンディさの考察:

« 昔の会話、今の回想、そして | Main | 映画『吉祥天女』 »