« 大阪梅田映画館事情新展開 | Main | やさしい気持ち »

Wednesday, July 25, 2007

酒呑みの(男の)文化が解らない

【7月25日特記】 平たく言ってしまうと、酒が飲めない僕には酒呑みの文化が解らない、ということに尽きるのだろうが、どうも僕には女の子がいる店、所謂クラブってんですか?ああいうところの楽しさが解らない。

僕の経験で言えば、女の子たちが気のきいた会話をする可能性(あるいは、気のきかない会話をしない可能性)はその店の料金と概ね正の相関関係にある。だから、あまり安物の店に行かない限りは、そこに座って話をしているだけでも苦痛と言うほどのことはない。

ただ、僕なんかはああいう環境に置かれると、ついつい「こんなことしてないで、もう帰ろうよ」という気分になってしまうのである。

ところが、世の中にはああいうところが大好きな男が結構たくさんいて、隣に目当てのホステスさんが座っただけで見るからに相好を崩している人がいる。

何させてくれるわけじゃなし、ただ横に侍ってお酌してくれるだけでなんであんなに嬉しいんだろ?

接待側も被接待側も関係なく客と客の間にたいてい1人ずつ女の子が座って、互いに女の子と喋ることになるので接待側と被接待側はほとんど没交渉になってしまい、「こんなんで接待と言えるんだろうか?」などと首をかしげてしまう。

もっとも、僕なんかと話すより女の子と話すほうがよっぽど楽しそうだし、こっちも手が省けて楽で良いや、とも思わんでもない。

こっちが接待される側であっても、ま、いろいろ気遣っておっさんと喋るより、あまり気を遣わずに女の子と喋ってるほうが楽は楽だ。

でも、まあ、僕としてはこんなことしてるより家に帰ったほうがよっぽど有意義な時間を作れるのに、と会話の合間にふと思ったりする。

そこまで自分を観察した時点で、自分で書いた表現ながら「酒呑みの文化が解らない」という総括の仕方は我ながら的を射ているなあと感心する。

とかく異国の異文化というものは理解しがたいものである。

|

« 大阪梅田映画館事情新展開 | Main | やさしい気持ち »

Comments

あぁ、激しく同意です。女の子との会話を楽しむんだって意見の方もいらっしゃるんでしょうが、彼女らもお金を落とすからから話したりしてくれるんであって、仕事がらみで行っても内心すごくむなしいんですよね(顔には出しませんが)。
逆に、「こいつら何言ってんだ。こういうとこが楽しいんじゃないか」って方の意見を聞きたいです。

Posted by: haTsh | Wednesday, July 25, 2007 17:56

> haTshさん
意外な記事に禿同いただき、ちょっとびっくりしてます。ちなみに酒は嗜まれるのでしょうか?
飲む人、飲まない人、いろんな人がここに書きこんでくれたら嬉しいです。多分そうはならないでしょうが(w

Posted by: yama_eigh | Wednesday, July 25, 2007 18:04

お酒の話なので参加してもよいかなと。
(映画の話は苦手です)
実はきのうも綺麗な女性のいるお店に行きました。
そこで、書かれていることと同じことを考えていました。
勿論、お酒は好きです。女性も好きです。
もう、充分おじさんですので若い綺麗な女性と話が出来るのは
嬉しくもあり、いろいろな情報を聞けるのも有難いのですが、
ただ、何となくむなしさも感じます。
仕事なので仕方がないのですが、どちらかというとああいう店より
カラオケで発散するほが、まだマシなような気がします。
ただ、下心がある人には、楽しい場所なのかも知れません。
30年ほど飲みに出ていますが、一度もそんな良い目にあった
ことはありません。

Posted by: 名古屋のM | Wednesday, July 25, 2007 18:36

> 名古屋のMさん
なんか、思いも寄らないところで話が盛り上がってきました(?)ね。おじさんたちはみんな疲れてるんですかね。ま、気ィ取り直して行きましょうや。ひょんなことから良い目に遭うかも(*^^)v

Posted by: yama_eigh | Wednesday, July 25, 2007 22:39

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 酒呑みの(男の)文化が解らない:

« 大阪梅田映画館事情新展開 | Main | やさしい気持ち »