« 成海璃子発見 | Main | 『書きあぐねている人のための小説入門』保坂和志(書評) »

Wednesday, June 20, 2007

ネクタイ・ハンガー

【6月20日特記】 ウチの会社には苟もサラリーマンのくせにネクタイしてない奴、と言うか、ネクタイなんかしたことない奴もいっぱいいるんだけど、僕の場合はそんな会社でずっとネクタイをしてもう20年以上過ごしてきた。

で、そういう生活をしていると自然とネクタイが増えてくる。自分で買うのが基本だが、「あの人はネクタイをする人だ」となると何かの折に他人から贈られることも多くなる。

基本的に消耗品なので、絞めるところが擦り切れてきたり洗濯しても落ちないくらい汚れてきたりしたら捨てるのだが、気に入ったネクタイは却々捨てられないものだ。一方、他人からもらった気に入らない柄のネクタイは絞めることがないのでいつまでも新品で、従っていつまでも捨てられない。

そういう風にしてネクタイは増えて行く。

Hanger で、ネクタイの収納に困っていたのだが、飛行機の中でとても気に入った商品に出逢って買ってしまった。JALの機内誌の通販である。さすがにその場では発注せず、帰宅してからインターネットで申し込んだのだが。

シダーネクタイハンガー&ベルトハンガーセット
(ま、ベルトハンガーはいらなかったんだけどついてくるんだから仕方がない)

両側に20本づつ、合計40本のネクタイが掛けられる。そして何よりも気に入ったのはシダー(アメリカ杉)材の良い香りがするのである。

んで、買ってみて、今まで知らなかった事実に突きあたった。
なんと僕はネクタイを42本も持っていたのであった。ガーン。

|

« 成海璃子発見 | Main | 『書きあぐねている人のための小説入門』保坂和志(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ネクタイ・ハンガー:

« 成海璃子発見 | Main | 『書きあぐねている人のための小説入門』保坂和志(書評) »