« 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦(書評) | Main | 煙草の煙 »

Wednesday, June 06, 2007

映画『監督・ばんざい!』

【6月6日特記】 映画『監督・ばんざい!』を観てきた。

そもそも最近の北野武をどう見るかという問題がある。

前作『TAKESHIS'』は随分解りにくいという触れ込みであったが、実際見てみると、僕にとっては「これのどこが解りにくいの???」と言いたくなるような映画だった。だから今作についても同じように抵抗感がない。ただし、これは『TAKESHIS'』よりも遙かに訳解らん映画だと思うよ。それから、ここんとこ北野監督がとても内省的になっているのも確か。

「ギャング映画を封印した」と宣言してしまったバカな北野武監督が、そこから脱皮しようとして様々なタイプの映画を作るという筋立てで、ここには6本の作中作が登場する。

小津安二郎風の『定年』、ラブ・ストーリー『追憶の扉』、昭和30年代もの『コールタールの力道山』、ホラー『能楽堂』、時代劇『蒼い鴉 忍PART2』、SFスペクタクル『約束の日』。

ところが最後の『約束の日』の中で、小惑星の表面に岸本加世子と鈴木杏の顔が発見されてから俄かに訳わかんなくなってくる。伊武雅刀のナレーションもいつの間にやら消えてしまっていて、もう筋も設定も無茶苦茶、荒唐無稽なギャグの世界に入ってくる。

ただ、そこは北野武。ただバカやってるように見えて、なんとなく刺があったり、高踏的な遊びがあったりして観ているほうも、ニヤリという笑いとバカ笑いを交互に経験してしまう。

例によっていろんな解釈が乱れ飛ぶわけで、たとえば冒頭に出てくる"OPUS 19/31"という表記に対しても、朝日新聞だったかな、19 も 31 も共に素数で「割り切れない」んだとか、31というのはたけしの目標とする制作数で、この映画が13本目なのだがそれに6本の作中作を加えて19になっているとか。

あのたけし人形は一体何の意味なんだろうとか、考え始めるときりがない。

『コールタールの力道山』なんか妙に深く印象に残る良い出来なんだよね。それを敢えて未完で終わらせる意味は何なのか、とかね。

ここにどんどん深読みしようとするファンがいて、一方どこ吹く風のたけしがいる──非常に理想的な関係ではないかな。

岸本加世子とか、大杉漣、寺島進などいつものメンバーに加えて今回はかなりの豪華キャスト。松坂慶子が小津風ドラマをしっとりと演じているかと思えば、江守徹が怪優ぶりを縦横無尽に発揮していたり、藤田弓子とか入江若葉とか渋いよね。

ほんで内田有紀。何故使ったのか僕にはよく理解できないのだけれど、きっと北野武の好きなタイプなんだろうな。

でも、この映画で一番の男優と女優は井手らっきょと鈴木杏。らっきょとかつまみ枝豆とかのたけし軍団はまあ良いとして、鈴木杏を起用したのは本当に見事だと思った。

この映画、とりあえず観て笑えばそれで良いと思うよ。ほんで、そう言いながらなんか深い読後感が残っているあたりが魅力だよね。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

カノンな日々
茸茶の想い∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~
犬儒学派的牧歌

|

« 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦(書評) | Main | 煙草の煙 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/15339541

Listed below are links to weblogs that reference 映画『監督・ばんざい!』:

» 監督・ばんざい!/ビートたけし [カノンな日々]
公開間際では松ちゃんのTV露出度が高くて何だか影が薄くなってしまったような気がする北野武監督の第13作。ある意味、北野監督の今の心情を素直に吐き出したようであり、そのまた思いつきをそのまんま映像化してみたようなそんな作品?(笑)。公開日が同じだったこともあって....... [Read More]

Tracked on Wednesday, June 13, 2007 at 22:00

» 『監督・ばんざい!』舞台挨拶@キタノ・タイムズスクエア [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今月は気になる映画&舞台挨拶目白押し被ってるのもあるし、完成披露試写会が当選すればいいけど、うまくやりくりして何本行けるやら・・・今日は「そのときは彼によろしく」「大日本人」も同時公開だが、長澤まさみの同じような演技にも飽きたし、坊主頭の人の映画には全く....... [Read More]

Tracked on Thursday, June 14, 2007 at 00:09

» 監督・ばんざい!:自分をネタにするのはもういいから! [犬儒学派的牧歌]
★監督:北野武(2007年 日本作品) テアトル梅田にて。 ★あらすじ(Yahoo!ムービーより引用... [Read More]

Tracked on Saturday, June 16, 2007 at 08:51

« 『夜は短し歩けよ乙女』森見登美彦(書評) | Main | 煙草の煙 »