« ブログ開設2周年 | Main | 映画『机のなかみ』 »

Friday, May 25, 2007

TさんのPCに告ぐ

【5月25日追記】 昨日書いた、ある読者の方(仮にTさんとしましょう)がこのブログを読めなくなったという件、無事に復旧したとのメールをいただきました。よかったよかった。

僕がお送りしたメールはちゃんと届かなかったみたいで役に立たなかったのですが、僕がTさんに書いたのは「一度キャッシュをクリアしてみてもらえませんか」ということでした。

以下、解ってる人は解ってることなので、解ってない人だけ読んでください(笑)

ブログのレイアウトが崩れて読めないということは、ほぼ間違いなくCSSがちゃんと読み込めていないということです。

今の多くのHPやブログは、内容を記したHTMLファイルとデザイン/レイアウト情報を切り分けたCSSファイルをセットにしてサーバに上げています。それで、CSSのほうをうまく読み込めなかった場合に、一応コンテンツは表示されるのだけれど、レイアウトが無茶苦茶という事態が起こります。

ところで、問題は、ブログというのはHTMLやCSSに関する知識がまるでない人でも気軽に作れるというのが売りで、中身だけを書いて各種「設定」のボタンを押していたら、目に見えないところで勝手にCSSを書いてくれるという仕組みになっているということです。逆に言えば自動化されているので管理人がCSSに手を入れることができないということです。

もちろん上級コースに契約すると直接触れたりもするのですが、僕が加入している「ココログプラス」(上から2番目のコース)でさえ大本のCSSはアンタッチャブルで、追加のカスタムCSSを設定できるだけです(僕の場合は印刷用のCSSを書いて設定しています)。

つまり、何か不具合があってCSSを元に戻そうとしても僕は自分ではできないという難儀な事態になっちゃってるわけです。

で、Tさんが読めなくなった今月中旬、僕はココログのレイアウト設定をいろいろ触っていたのです。ブログパーツを追加してみたり、やっぱり削除してみたり、携帯用のQRコードを入れてみたり・・・。

で、それに合せてその都度自動的にCSSが書き換わったはずです。ところが、どういう具合かTさんのブラウザは、サーバ上にある新しくなったCSSを読み込まずに、TさんのPCに入っている古いCSSのキャッシュを読んでHTMLを表示しようとしたわけです。当然レイアウトは崩れてしまいます。

それで、Tさんに「キャッシュを一旦クリアしてみてください」とのメールを送ったのですが、ちゃんと伝わらなかったというのがこの2日間の出来事です。

では、なのに、なんでまたTさんのPCでちゃんと読めるようになったのか?

それは昨日僕がまたココログのレイアウトを何度も何度も変更したからです。必要もないのに変更して元に戻したりもしました。最終的には一昨日とは少しだけレイアウトが異なっているはずです。で、この作業によってCSSはさらに何度も書き換えられたはずです。

これで巧く行くかどうか実際には自信がなかったのですが、要は「これだけ何度も変更したんだから、Tさんのブラウザもいい加減気づくだろう」という、まるで人間に対するような対処だったのですが、意外に一発奏功でした。

この辺がコンピュータの面白いところですね。

もっとも、まさか機械に対して意思が通じたなんて新興宗教みたいなことを言うつもりはありませんので念のため。

同じような現象に遭遇した方は、一度キャッシュをクリアしてみてください。

|

« ブログ開設2周年 | Main | 映画『机のなかみ』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/15196760

Listed below are links to weblogs that reference TさんのPCに告ぐ:

« ブログ開設2周年 | Main | 映画『机のなかみ』 »