« 映画『ゲゲゲの鬼太郎』 | Main | 再開×3 »

Sunday, May 06, 2007

掴みきれない

【5月6日特記】 連休前に発表された高校生の意識調査で、日本は米中韓と比べて出世意欲が極めて低いとのことで、それをめぐって「困ったことだ」とか「いや、それでいいんだ」とか結構議論が盛んである。

僕は昔っから「偉くなりたい」なんて思わない少年だったから、この調査結果を見て今の高校生が不甲斐ないなんて思わない。

ただ、僕(ら)と彼らの間には決定的な違いがある。

僕らはまだ「良い高校から良い大学に行って良い会社に入る」みたいな教育(あるいは風潮)の中で育ってきたので、その中で「そんなもの目指してどうするんだ」と言ってみることは1つの反発だった。

それは権威あるものに対する抵抗だった。自分を反主流の中に置いてみるという冒険だった。決して主流の側には自分を置かないぞという主義主張だった。

今の高校生の中にはこの主流・反主流みたいな構図が全くないのではないだろうか?

こういう構図の中で生きるって、僕にとっては非常に意味のあることだったと思う。それは僕にとっては大きなプレッシャーであり、同時に勇気であり、自己実現であったと思う。

今は主流さえ形成されない。主流への対抗意識は当然そこには現れない。

それは少し淋しいと言うか、気の毒な気さえする。あるいは気の毒なんて言っている場合ではなく、それこそ今の高校生が不甲斐ないのかもしれない。

偉くなろうという気概なんかなくたって構わない。ただ、なんか明確な敵があって、それと戦ってみることは非常に意味のあることだと思うよ。

君らは戦う気さえないんだろうか? そこのところがよく掴みきれないのである。

|

« 映画『ゲゲゲの鬼太郎』 | Main | 再開×3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 掴みきれない:

« 映画『ゲゲゲの鬼太郎』 | Main | 再開×3 »