« Thunderbird 2 | Main | 特別な世界 »

Sunday, April 22, 2007

映画『神童』

【4月22日特記】 映画『神童』を観てきた。萩生田宏治監督である。

前作の『帰郷』が素晴らしかったので、この映画も是非とも観ようと思った。『帰郷』は西島秀俊と片岡礼子が主演の、まさにあの年代の男女が主人公の映画だった。今回の『神童』では西島が主人公"うた"の亡父を演じていることからも判るように、ターゲットが1世代若返っている。

原作はさそうあきらによる漫画。「言葉を喋る前に楽譜を読んでピアノを弾いた」と言われる神童=うた(成海璃子)と、一浪して音大を目指している青果店の息子=ワオ(松山ケンイチ)が主人公である。

漫画の場合は音を出すことができないので、それをどう描くかがポイントになってくる。映画にすると音は復活する。逆に復活してしまうことによって描き方が困難になるケースもあるだろう。原作の漫画のことは全然知らないが、映画のほうはうまく処理していたと思う。

この映画は演奏シーンを除いてはカメラはそんなに派手には動き回らない。ただ、カット割りはすごく綿密でである。そして観ていてすごく思ったのは、その一つひとつのカットが長いということだ。TV的な演出に慣れていると特にそう感じる。

所謂長廻しではない。カメラを廻しっぱなしにして俳優に長い台詞を言わせたり人物やカメラが長い距離を移動したりする訳ではないのだ。ただ俳優の表情を、動きを、肝心なシーンの前後を含めてゆったりと見せてくれる。

かたや神童と言われるピアニストの少女、こなた近所からは騒音扱いされる音大受験生。天地の実力差がある2人がひょんなことから出会って、不思議なことに魅かれ合う。そして、音大受験本番の日、ワオはうたが乗り移ったかような奇跡的な演奏をして、なんと首席で合格してしまう・・・。

さて、その後なのだが、この映画はどちらへ進むのか?

クラシック音楽映画なのか、天才の鬼気を描くのか、青春恋愛っぽい世界なのか、観客の紅涙を絞る難病ものなのか──その辺りがあまりはっきり見えない。いや、正確に言えば、そんな特定の要素に転げ落ちることなく、映画は進み、映画は終わる。

非常に示唆に富んでいる。そして、細かいところにまで神経の行き届いた映画だった。

成海璃子、松山ケンイチの主役2人がとっても良いし、教授役の串田和美を筆頭に脇役陣がみんな良い。

この映画、そんなに面白くはないけど、とても良い映画だよ──変な褒め方だけど、僕はそう思った。そういう言い方でみんなに薦めたい映画である。

出てくるピアノが全部 YAMAHA なのはちょっと興醒めだけどね。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
soramove
アロハ坊主の日がな一日

|

« Thunderbird 2 | Main | 特別な世界 »

Comments

TB&紹介ありがとうございます!かなり気に入った映画だけにうれしいです!細かく行き届いた映画、観てて落ち着きますわ☆

Posted by: てれすどん2号 | Thursday, April 26, 2007 at 00:51

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/14808629

Listed below are links to weblogs that reference 映画『神童』:

» 成海璃子 [いま話題の女性芸能人とは?]
成海璃子 プロフィール検索 動画検索 画像検索 [Read More]

Tracked on Sunday, April 22, 2007 at 19:55

» 【2007-58】神童 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
「神童」と呼ばれた うた十三歳 落ちこぼれの音大生 ワオ十九歳 恋人でもない 兄妹でもない 音によって 心を通わせるふたり 言葉はいらない 魂が響きあうから 彼女の指先から 奇跡が生まれる やがて世界は 音楽で満たされる 『大丈夫だよ....... [Read More]

Tracked on Wednesday, April 25, 2007 at 23:25

» 『神童』舞台挨拶@シネ・リーブル池袋 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
今回の舞台挨拶レポートは、マンガ原作の日本初の本格クラシック映画『神童』。あの『のだめカンタービレ』よりも先に撮影してたから、こちらがホントのクラシックブームのさきがけ午前中は仕事だったので松山ケンイチらオールキャストは見られず、萩生田宏治監督と成海璃子....... [Read More]

Tracked on Thursday, April 26, 2007 at 12:53

» 「神童」音楽と一緒に気分も盛り上がる [soramove]
「神童」★★★☆ 松山ケンイチ、成海璃子 主演 萩生田宏治 監督、2006年 音大に受からなければ、家業の八百屋を 継ぐことを親に約束した主人公。 彼は13歳の天才少女ピアニストと出会う。 冒頭のシーンがいい、 湖のボートの上で、寝転んで 自然の音に...... [Read More]

Tracked on Thursday, May 03, 2007 at 20:06

» 成海璃子 画像 [画像掲示版WEB]
成海璃子ちゃんが今 大人気、グラビア界で最も愛されているカラダ……。 Iカップボ... [Read More]

Tracked on Tuesday, May 08, 2007 at 01:20

» [ 神童 ]音楽と愛情にあふれた映画 [アロハ坊主の日がな一日]
[ 神童 ]をシネマライズで鑑賞。 この映画は、ピアノを習っているお子様やそのご父兄に 注目されているようだ。朝早くの渋谷にもかかわらず、お上品そうなお子ちゃまと手塚理美が演じたうたのオカンのようなスノッブなお母様、そして娘と妻のために朝メシをコンビニまで買いに行く家族の思いのパシリなお父様でうめつくされる。 日本初の本格クラシック映画ということもあって[ 神童 ]のキャストや演奏に、国際舞台で活躍するクラシック界の新鋭ピアニストや指揮者が参加している。そうなると、別に中学生のピアニス... [Read More]

Tracked on Wednesday, May 09, 2007 at 20:04

« Thunderbird 2 | Main | 特別な世界 »