« 無用の用 | Main | P903iX HIGH-SPEED »

Wednesday, April 18, 2007

長いスパンで考える

【4月18日特記】 人生残り少なくなってきたなあ、という感慨がある。残り少なくなったと言っても別に不治の病に罹って今日明日死ぬ身という訳でもない。ただ、贔屓目に見ても残りは半分以下になってしまったと見るべきだろう。そういう意味で焦りが出てきた。

この後、若い人たちに何を残してあげられるかが勝負だなあという、ぼんやりとした思いがある。

人生半ばを過ぎて、ここまでは僕の人生、ここから先は後の世代のための人生──という訳ではなくて、これまでもこれからも間違いなく僕自身のための人生である。

ただ、自分の人生より長いスパンでものごとを考えられるかどうかによって、僕の人生の軽重が問われるような気がする。

人生半ばを過ぎてやっとそのことに気づいたような気がする。

人生は長い。そして、僕の人生よりもずっと長いものがこの世にはある。それらと比べるとき僕の人生は短くなる。その短さの中からあの長きものを遙かに見遣る人生でありたいなと考え始めている。

人生の残りが少なくなってきた。

|

« 無用の用 | Main | P903iX HIGH-SPEED »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 長いスパンで考える:

« 無用の用 | Main | P903iX HIGH-SPEED »