« 映画『神童』 | Main | GyaOのP903iX HIGH-SPEED 専用動画サイト »

Monday, April 23, 2007

特別な世界

【4月23日特記】 僕は映画を映画館/試写会で観たのかTVやDVDで観たのかを峻別している。

家で観るのと劇場/試写室で観るのとでは随分環境が異なる。劇場/試写会場に一旦足を踏み入れると、そこはのっぴきならない闇である。よほどのことがないと中座して外へ出ることはない。

家で観ていると、止めようと思えばいつでも止められる。止めようと思ってなくても、不意に電話が掛ってきたり人が訪ねてきたりして中座させられることもある。端から中座させられても仕方がないという気分で観ているのである。だから、根気が続かない。

一昨日も WOWOW で『SAYURI』と『間宮兄弟』を観たのだが、『SAYURI』のほうは途中で夫婦揃って飽きてしまい、最後まで観ていられなくなって消してしまった。

『間宮兄弟』のほうは、途中で妻が「もうどうでもよくなってきた。何にも起こらないんだもん」とこれまた投げ出して隣室に行ってしまった。僕のほうは一度劇場で観て知っているので、と言うか大満足した映画だったので、再び味わいながら最後まで観たのだが・・・。

これが劇場であったなら、2本とも夫婦揃って最後まで鑑賞しただろう。

でも、劇場と家庭内視聴の決定的な違いはそんな周辺要素にあるのではない。僕はこう思っている──。

  1. 劇場で観る映像では、登場人物が僕より大きい
  2. TVやDVDで観る映像では、登場人物が僕より小さい

このことはもう随分昔から思い始めたことなのだが、TV画面が大型化した今でも概ね当てはまっていると思う。

画面の中に自分より大きな人物がいるというのはとても特別な世界だと思う。実寸であり同時に比喩でもあるのだが、それは僕より大きな世界である。そこにTVやDVDで観るのとは決定的な違いが生まれているように僕は感じるのである。

そのために、僕は今もって、映画館/試写会で観たのかTVやDVDで観たのかを峻別している。

映画館に行こうぜっ!

|

« 映画『神童』 | Main | GyaOのP903iX HIGH-SPEED 専用動画サイト »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/14815157

Listed below are links to weblogs that reference 特別な世界:

« 映画『神童』 | Main | GyaOのP903iX HIGH-SPEED 専用動画サイト »