« 映画『リトル・ミス・サンシャイン』 | Main | 映画『マニアの受難』 »

Sunday, March 11, 2007

映画『松ヶ根乱射事件』

【3月11日特記】 映画『松ヶ根乱射事件』を観てきた。山下敦弘監督作品。

予想した通りの「なんじゃ、そりゃあ?」の映画だった。

パンフから引用すると、

どこにでもいるような、でも、ちょっとおかしな松ヶ根町の住人の日常と非日常をユーモアたっぷりに描いていく。そこからひょっこり顔を出す人間の本当の面白みと残酷さ。繊細な人間観察の上に成り立った巧みな演出は(後略)

ということになるが、そう書かれるとちょっとニュアンスが違う。きれいにまとめ過ぎ。もっと「なんじゃ、そりゃあ?」感の強い作品である。上映中に笑い声なんかほとんど聞こえなかったぞ。

まあ、ろくでもない奴ばかり出てくる。主人公・光太郎(新井浩文)の双子の兄・光(山中崇)は雪道で女(川越美和)に当て逃げする。その女の死体が冒頭のシーンだ。真上からのカメラ。そこに小学生の男の子が来て死体を発見する。このガキがまたろくなことしない。

すると今度はカメラが地べたの高さから寝っ転がった死体を仰ぎ見る。

警察官の光太郎が電話で呼び出されて、その次のシーンは検屍。台の上で川越美和がまっぱ。まっ先に黒々とした陰毛が目に飛び込んで来る。おいおい、検屍って、素っ裸にするのか?

ところがその女が生き返って、その女にくっついてる怖いお兄さん(木村祐一)が出てきて、偶然にも光と出会ってひき逃げ犯だと見破られたために、光は恐喝されてずっと2人の言うなりになってしまう。

一方、光と光太郎の父親(三浦友和)は外に女を作って帰ってこない。その女の娘は誰とでも寝る。それを良いことに母親は売春の斡旋をする。その娘をなんと光太郎の父が妊娠させてしまった。

──こう書くとなんだか思いっきり暗くて重苦しい映画に思うかもしれないが、決してそういう感じではない。なんとも言えずオフビートで、そこはかとなくおかしくて、そして割り切れない。やっぱり「なんじゃ、そりゃあ?」の映画なのであり、笑えないコメディなのである。

この映画は読解力を要求する。そして、映画を見終わった後、考えるための長い時間を求めてくる。結構深いぞ。

光と光太郎が部屋で足のサイズ教え合って、その後蹴り合いになるシーンなんか、凡人にはまず書けないだろう。そういう台詞やシーンがテンコ盛りだ。

新井浩文、山中崇、木村祐一もさることながら、三浦友和がひときわ光っていた。この俳優を僕が好きだと言うことは随分前にも書いた。特に『台風クラブ』が脳裏に焼きついて離れないのだが、今回山下監督も同じだと知ってなんだか嬉しかった。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

アロハ坊主の日がな一日
カノンな日々
となりのケイコさん
かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY
犬儒派的牧歌
Swing des Spoutniks
マダム・クニコの映画解体新書

|

« 映画『リトル・ミス・サンシャイン』 | Main | 映画『マニアの受難』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『松ヶ根乱射事件』:

» 狼少女/鈴木達也、大野真緒、増田怜奈、大塚寧々、利重剛 [カノンな日々]
『空き地、寄り道、夕焼け小やけ 口裂け女に火吹き男、そして「狼少女」 僕が住んでいるこの街に、見せ物小屋がやってきた』 1/28封切りの作品には観たいモノが多くてスケジュール調整が大変です。でも私の好きなミニシアター系邦画作品がいっぱいで楽しみなんですよ。....... [Read More]

Tracked on Sunday, March 11, 2007 21:28

» [ 松ヶ根乱射事件 ]オレも約束守るから、お前もちゃんと守れ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 松ヶ根乱射事件 ]を渋谷で鑑賞。 山下敦弘をたんなる長江健次似のゆるい癒し系の監督と思ったらやけどします。本作[ 松ヶ根乱射事件 ]を観ればそれが一目瞭然。人間の情けなさや腹黒さという、山下監督が本来描いてきた“心の闇”をこれでもか、これでもかと描いている。もちろん、彼お得意の演出、決して大声では笑えないコミカルさも健在。さあ、どうぞ山下ワールドご堪能あれ。 ... [Read More]

Tracked on Tuesday, March 13, 2007 01:18

» 『松ヶ根乱射事件』 [かえるぴょこぴょこ CINEMATIC ODYSSEY]
居たたまれなくなるよなブラックで絶妙なリアリズムに釘付け。 90年代初頭頃。警察官の光太郎の暮らすのどかな田舎町・松ヶ根で事件がおこる。事件だなんて、山下監督作品らしからぬタイトル。蓋を開けてみたら、山下監督らしい映画。それでいて、こんな風に、オフビートなのにざわざわするよな肌触りは初めて。女子高生青春もの『リンダリンダリンダ』と少女マンガな中学生もの『天然コケッコー』という爽やかテイストの作品の間に、まったく異質の夢の欠片もないブラックで淀んだ大人たちの物語が生み出されたわけなんだな。『リン... [Read More]

Tracked on Friday, March 16, 2007 11:39

» 松ヶ根乱射事件:イライラの正体はこれだ! [犬儒学派的牧歌]
★監督:山下敦弘(2006年 日本作品) 京都シネマにて鑑賞。 山下作品の鑑賞は『リンダ リンダ リ... [Read More]

Tracked on Tuesday, March 27, 2007 22:39

» 『松ヶ根乱射事件』〜199X年の迷い道〜 [Swing des Spoutniks]
『松ヶ根乱射事件』公式サイト 監督:山下敦弘出演:新井浩文 山中崇 川越美和 木村祐一 三浦友和ほか 【あらすじ】(goo映画より)舞台は90年代初頭頃。とある田舎町・松ヶ根で警察官をしている光太郎は、事件という事件のない退屈なこの町にウンザリしていた...... [Read More]

Tracked on Monday, April 02, 2007 00:10

« 映画『リトル・ミス・サンシャイン』 | Main | 映画『マニアの受難』 »