« PCと妻と | Main | Automated External Defibrillator »

Saturday, March 24, 2007

映画『蟲師』

【3月24日特記】 映画『蟲師』を観てきた。うーむ、イマイチよく解らんぞ。

しかし、世の中にはよく解らなくて面白くないものと、よく解らなくて面白いものがある。これはよく解らなくて面白かった。ただし、一緒に見た妻は事前の期待が大きすぎた分だけ手ごたえに欠けた感じだったようだ。

原作を全く知らないのだが、読んでいたらもっと解るのだろうか?
でも、一方この程度の解り方で良いような気もする。

妻は「面白かったけど、あまり山もないし・・・」と言ったが、うん、意図的に大きな山はなかったのかもしれない。

やめてほしいなと思うのは映画から何か教訓を読み取ろうとすること。パンフレットにもそんなことを書いている人がいたけど、現代の日本では失われてしまった○○を取り戻す必要があるのではないだろうか、云々。

これって小中学校の国語の授業やテストで繰り返し問われる「作者がこの文章で言いたかったことは何か」というトレーニングの悪弊なんでしょうね。僕はもっと全体をそのまま全体として捉えたい。

僕が強烈に抱いた感想は「ああ、日本だなあ」ということだった。それが良いとも悪いとも思わない。ひょっとしたら現代の日本には残っていない日本かもしれないし、いやいまだにどこか山の中に残っている日本なのかもしれない。いずれにしても、ともかく日本なのである。

こういう映画ではとかくCGやVFXが取りざたされるが、その背景になっている風景や人、風俗、習俗が、特に凝った画作り感もないのに(大道具・小道具は凝っていたけど)際立って日本的なのである。そういう意味ではやはり大友克洋という人はただの映像作家ではないなと思った。

虫と言えば我々が思い出すのはまず蝉やカブト虫などの昆虫である。あるいはそれらの幼虫であることもあるだろう。しかし、日本には古来「虫の知らせ」とか「虫が好かない」とか「腹の虫」とか「疳の虫」とかいう微妙な表現がある。

この映画で描かれていた「蟲」はどこかでそういうものに通じているのではないかな、などと思った。

今回はほとんど映画の内容に触れないまま、この記事を終わろうと思う。もう少し余韻を楽しみたい気分だから。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

APRIL FOOLS
soramove
アロハ坊主の日がな一日

|

« PCと妻と | Main | Automated External Defibrillator »

Comments

こんにちは。TBありがとうございました。

この作品からあえてメッセージを読み取るとするなら、
>全体をそのまま全体として捉えたい
これに尽きるような気がします。意味や理由を問うのではなく、あるものをあるものとして受け入れるというか。
と個人的に思っていたので、レビューに共感しました。読ませていただいて気持ちよくなりました。

超自然的なものを筆頭に、世の中、成り立ちのわからないものがたくさんありますからね。好きな感じの映画です。

Posted by: april_foop | Monday, March 26, 2007 04:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『蟲師』:

» 感想/蟲師(試写×2) [APRIL FOOLS]
人気コミックをジャパニメーションの巨匠・大友克洋が実写映画化! 『蟲師』3月24日公開。その昔、「蟲」と呼ばれる生命そのもののような存在がいた。不思議な現象をもたらす蟲の生態を探り、それを封じる人間は「蟲師」と呼ばれ、ギンコはそのひとり。蟲を寄せ付けてしまう体を持つ彼は、一所に留まることなく旅を続ける。 蟲師 とりあえず原作を1冊でも読んどかないと、何がなんやらな世界だと思われ。そもそも原作もわりと掴みどころのない浮遊的世界観だしね。映画では原作のエピソードをいくつか紡ぎつつ、オリジナルスト... [Read More]

Tracked on Monday, March 26, 2007 04:14

« PCと妻と | Main | Automated External Defibrillator »