« ささやかな幸せ | Main | ゆれとまる »

Friday, February 23, 2007

映画『幸福な食卓』

【2月23日特記】 昨夜、映画『幸福な食卓』を観てきた。さる「信頼できる映画通」の薦めを受けてのことだ。

言葉に詰まってしまうぐらいの、予想を遥かに超える出来だった。
ちょっと大騒ぎしても良いんじゃない?
本当に見事な出来栄えだった。

僕は瀬尾まいこの原作を読んでいたので、映画化の話を聞いたときには正直言って無理だと思った。

お父さんは自殺未遂するし、お母さんは家を出て行ってしまうし、秀才で通っていた兄・直ちゃんは大学進学を諦めて突然農業を始めるし、かと思えば朝の食卓でお父さんが「父さんは父さんを辞めようと思う」と言い出すし・・・。かと言って、陰惨な話でもないし重苦しい文体でもない――。

原作はそういう、あまり現実感のない状況を描いた小説であり、あの小説の半ば宙に浮いたような雰囲気、浮揚感を映像に写し取るのは無理だと思っていた。だが、出来上がった映画は違っていた。

この映画はあの抽象的なフンワリ感を真似るのではなく、原作の登場人物たちに血肉と質量を与え、現実感のあるキャラクターとして映像の中に再固定することに成功していたのである。

仰天!

すごく良い! でも何がすごいのかがはっきり判らない。

確かに構図が良い。たとえワンショットのクローズアップの画であっても非常にセンスを感じさせる構図である。だが、どこがどう素晴らしいのか、うまく言えない。

2人の会話のシーンをワンショットずつに分けて撮影する場合、カメラはお互いの目線になっている――でも、そんなことは他の映画でもしょっちゅうやっていることだ。

長谷川康夫の脚本も抜群に冴えている。語り過ぎない。原作をそのまま活かした台詞を非常に効果的に配している。

役者も全員、目を瞠るような演技だ。北乃きいが演じた主人公・佐和子もさることながら、勝地涼の大浦勉学が特に良い。さくらの小林ヨシコもぴったりの配役。羽場裕一の父さん、石田ゆり子の母さんを含め、すべての登場人物が素敵に描かれている。

でも、そんなことじゃないんだ。何故かうまく分析しきれない。悔しい気がする。

それは分析できない悔しさではない。分析しきれないということは、つまり明示的に切り分けてしまえない、“感覚”としか言いようがないものがあるということだ。

僕の悔しさは小松隆志監督の映画感覚に対する嫉妬である。僕が持たざるものを持つ者に対する悔しさである。映画を観て妬ましく感じてしまうのも本当に久しぶりである。

終盤の食卓にお皿を置くシーン、勉学の弟と佐和子の坂道でのシーン、どれもじんわりと沁みる。

僕は映画になって初めて原作のメッセージを受け取ったような気がする。

――形に囚われないこと。別の形を試してみること。そして、もしチャンスがあれば一度もとの形に戻ってみること・・・。

見た目はバラバラに思えるこの家族の中で、実はほんわりした絆がちゃんと息づいていたのだ。

ラストの長廻しで、ミスチルの『くるみ』をバックに佐和子が歩く。
近年ろくに詞が書けないソングライターが増える中、これは詞も曲も圧巻、紛れもない桜井節である。

見終わってからいつまでも語りたい、でも何ごとも語りすぎてはいけない――そんな映画だった。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

APRIL FOOLS
アロハ坊主の日がな一日

|

« ささやかな幸せ | Main | ゆれとまる »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『幸福な食卓』:

» 感想/幸福な食卓(劇場) [APRIL FOOLS]
ありがちホームドラマかと思いきや、とても気持ちのいい物語。瀬尾まい子原作(未読)の『幸福な食卓』1月27日より公開中。ある日、父が「父さんを辞める」と宣言した。母は随分前から家を出て、成績優秀な兄は大学へ行かずに農業をはじめてる。そして佐和子は転校生の大浦と出会う。歪な家族が教えてくれる、ヒトとヒトが繋がって生きるということ。良作なのに劇場ガラガラ@渋谷Q-AX。 幸福な食卓 家族みんなが問題を抱えながらも、それを変に誇張しない描き方で、物語はゆっくり淡々と進む。それがまずイイ。フツーじゃな... [Read More]

Tracked on Tuesday, February 27, 2007 23:50

» [ 幸福な食卓 ]大きなものを失くして、周りにある大切ものを知る [アロハ坊主の日がな一日]
映画[ 幸福な食卓 ]を渋谷Q-AXシネマで鑑賞。 この映画は予告に惹かれてしまった。2ヶ月の前のことなので、詳しく覚えていないけど、Mr.Childrenの「くるみ」のBGMが、画とナレーションにマッチしすぎていたのだろう。たぶん「泣きが入るだろう」と思い、ハンカチ片手に鑑賞することに。 監督は[ ワイルド・フラワーズ ]を撮った小松隆志、脚本は[ 深呼吸の必要 ] [ 卒業 ]を手がけた長谷川康夫。 ... [Read More]

Tracked on Thursday, April 05, 2007 01:24

« ささやかな幸せ | Main | ゆれとまる »