« 『カミュなんて知らない』 | Main | 無題 »

Sunday, January 14, 2007

映画『悪夢探偵』

【1月14日特記】 映画『悪夢探偵』を観てきた。今年1本目の映画。いやあ、年初からえらいもんを観てしまった。

塚本晋也監督の作品は予告編を見るたびに観たいと思うのだが、その実『ヒルコ/妖怪ハンター』しか観ていない。どうやら、「観たい」けれども「どうしても観たいほどではない」というのが、僕における塚本晋也の位置づけなんだろうか?

他人の夢の中に入り込むことができる影沼という男(松田龍平)がいる。『パプリカ』みたいない科学的な方法ではない。では、何故彼にそういうことができるのか、その説明も一切ない。ただ、彼にはそういう能力があって、彼はそれを商売にしているかと言えばそうではなくて、むしろ他人の夢に入り込むのが嫌で嫌で仕方がない。

一方、都会で2人の人間が連続して自殺する。2人とも刃物傷だらけ。1人目は1人暮らしの女性だったので目撃者もなく、どういう状況だったのか判らなかったのだが、2人目の男性はダブルベッドの中、妻の横で、カッターで自分を数えられないほど切り刻んで死んだ。しかも、この2人とも死ぬ間際に0(ゼロ)という男に携帯で話をしていたことが判る。

警察の面々(大杉漣、安藤政信、hitomi)は0によって暗示をかけられ、夢の中で操られて死んだのではないかと推理する。そこで「悪夢探偵」影沼の登場となる。

ね、ここまで読むと面白そうでしょ? 現に面白いんですよ。ただし、かなりのスプラッタ。

僕、血が出るのは割と平気なんですが、刃物で切るのは苦手なんですよ。かなり激しいですよ。だから、刃物恐怖症とか先端恐怖症の人は絶対観てはいけません。

そんだもんで、この手の映画は普段からあまり観ないようにしているので、評価しろと言われても却々難しいのです。

ただ、悪夢探偵のキャラはよく立っているし、台詞廻しも上手いです。キャリア組から現場に転じてきたエリート捜査官役に hitomi を起用したのは間違いなく成功ですね。

大杉漣、安藤政信、原田芳雄、(チョイ役ですが)利重剛など僕の好きな役者たちが良い味出してますし、映像は凄いと言うかエグイと言うか(それにしてもちょっとカメラ揺れすぎですけどね)ですが、面白かったのは確か。

でも、何と言っても「ヤツ」に扮した塚本晋也が凄かった。

ああ、夢見そう。でも、こんな夢見るのだけは勘弁してほしい。

★この記事は以下のブログから、あ、今TBしました。

ソウウツおかげでFLASHBACK現象
CINEMANIAX !
長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ
NUMB
アロハ坊主の日がな一日

|

« 『カミュなんて知らない』 | Main | 無題 »

Comments

お久しぶりです。
今年もよろしくお願いします。
本作ほどではないですが割と悪夢を見るほうでして、
夢に浸食される恐怖は身近で映画の世界に入り込みました。
先端恐怖症の方は塚本映画自体が厳しいかもしれませんね。
観たい」けれども「どうしても観たいほどではない」というのは賛同するところであります。
他の公開作品との兼ね合いみたいな。
これはかなり面白かったんで見て正解でした。
利重剛もいい味出してましたね。
あまり登場しなくてもすぐ画面ですぐ確認できるのは、
役者としても優れているということでしょうか。

Posted by: 現象 | Tuesday, January 16, 2007 at 13:52

> 現象さん

どうも。ついでに現象さんのブログも拝見してTBさせてもらいました。大体似たような感想だと思うのですが、hitomi に対する評価だけが決定的に違うみたいですね。僕は却々合ってるように思ったのですが・・・。

Posted by: yama_eigh | Tuesday, January 16, 2007 at 14:16

こんばんは、はじめまして。
『ヒルコ/妖怪ハンター』を観ていらっしゃるというのは凄いと思いますw
自分も友人に塚本マニアが一人いる影響で観ていますが、この作品も正直メジャー作品を手掛けて大丈夫なのか?という思いが強かったんですよね。結局エンタメなのにやっぱり塚本さんは塚本さんだった、ある意味妥協しないで監督のカラーを前面に出してくれたことは嬉しかった反面、集客が心配です(爆

TBさせて頂きました、また拝見させて頂きます。

Posted by: lin | Saturday, January 20, 2007 at 00:07

> lin さん。

どうも。いや、僕はおじさんだから『ヒルコ』見てても不思議はないんですよ。一番一般受けしそうな塚本作品でもあるし。それより、lin さんの年齢で『ヒルコ』見てるほうが凄いですよ。あれ、1991年の公開ですよ。君が生まれたとき僕はもう会社に入っていて東京で独身生活を送っており、この映画は僕が結婚して最初に夫婦で観た邦画でした。

こっちも逆TBさせてもらいました。しかし、それにしても皆さん hitomi にたいする評価が厳しいですね。

Posted by: yama_eigh | Saturday, January 20, 2007 at 10:12

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/13496330

Listed below are links to weblogs that reference 映画『悪夢探偵』:

» 悪夢探偵(2006/日本/塚本晋也) [CINEMANIAX!]
【シネセゾン渋谷】 不可解な事件が2件続けて発生する。被害者はどちらも、ベッドの上で眠ったまま自らを切り刻み死んでいた。やがて、2人が死の直前に「0(ゼロ)」と表示される人物に電話していることが判明する。捜査に当たるキャリア組の女性刑事・霧島(hitomi)は、「0」による何らかの暗示を疑う。さらに、捜査を進める中で、事件の鍵が夢にあると確信する。そして、他人の夢の中に入る特殊能力を持ち、“悪夢探偵”と呼ばれる男・影沼京一(松田龍平)の存在を突き止め、協力を申し出る。しかし、他人の悪夢を共有す... [Read More]

Tracked on Wednesday, January 17, 2007 at 22:38

» 「悪夢探偵」 [NUMB]
 悪夢探偵 オリジナル・サウンドトラック 「悪夢探偵」 ★★★★ NIGHTMARE DETECTIVE (2006日本) 監督:塚本晋也 脚本:塚本晋也 キャスト:松田龍平、hitomi、安藤政信、大杉漣、原田芳雄、塚本晋也 エンデ... [Read More]

Tracked on Thursday, January 18, 2007 at 23:19

» 「悪夢探偵」映画館レビュー 悪夢という名の夢 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
今年の記念すべき第1回目の劇場映画鑑賞、まさに悪夢でした(ベタ(笑))ほんまでも正月早々からこんな映画メジャーで公開するプロデューサーの気が知れんな、、、ってプロデューサーも塚本さんなんかいっ!(笑) [Read More]

Tracked on Saturday, January 20, 2007 at 01:07

» 悪夢探偵 見てきました [よしなしごと]
 別に見たかったわけではないんですが、悪夢探偵を見てきました。 [Read More]

Tracked on Sunday, January 21, 2007 at 04:32

» 悪夢探偵 [ケントのたそがれ劇場]
★★★  乱歩風の古風でオドロオドロしいタイトルと、ちょっとユーモラスなポスター。これを塚本晋也監督がどのように調理するのかが楽しみだった。 塚本監督の作品を観るのは、『六月の蛇』以来なので、楽しみにしていたのだが、少し期待外れだったかもしれない。  映画... [Read More]

Tracked on Sunday, January 21, 2007 at 15:39

» 悪夢探偵 [週末映画!]
期待値: 79%  「鉄男」の塚本晋也監督の新作。 夢に入ることができる探偵の、サスペンス・スプラッ [Read More]

Tracked on Monday, January 29, 2007 at 01:14

» 悪夢探偵 07027 [猫姫じゃ]
悪夢探偵 NIGHTMARE DETECTIVE 2007年   塚本晋也 監督・脚本・撮影・美術松田龍平 hitomi 大杉漣 原田芳雄 塚本晋也 霧島、かっこえ〜!! 龍平ちゃん、もう、パパそっくり!! 塚本晋也 監督作品  ヴィタール ヒルコ 妖怪ハンター http://tri...... [Read More]

Tracked on Tuesday, February 06, 2007 at 23:00

» [ 悪夢探偵 ]ああ、いやだ。ああああ、いやだ。わけわかんない。 [アロハ坊主の日がな一日]
[ 悪夢探偵 ]を渋谷で鑑賞。 塚本監督が手がけるエンターテインメントは、面白い。 ハリウッドなど世界中の国からオファーが殺到したのも うなずける。 ヒーローは事件解決に後ろ向きで、ヒーロー然としない。 影があり、いつも「いやだ、いやだ、いやだあ」と嘆き、 そしてどこか病んでいる。 それでもこのダークヒーローは難事件を解決しちゃう。 しかし僕はただ、うろたえるばかりだ。 ああ、いやだ、いやだ。もういやだぁ、もうわけわかん ない。主人公影沼京一が悪夢探偵なら、ぼくは迷探偵ア... [Read More]

Tracked on Monday, February 12, 2007 at 07:58

« 『カミュなんて知らない』 | Main | 無題 »