« IE7便り | Main | メインテナンス中 »

Monday, December 04, 2006

『NANA2』マスコミ試写会

【12月4日特記】 『NANA2』のマスコミ試写会を見てきた。完成したばかりだそうである。TVの場合は放送当日に完成なんてこともたまにあるし、生放送なんて言わば作りながら公開しているようなもんだけど、映画の場合、完成がこんなに間際になることは珍しい。

だからまだ世の中にあまり情報が出ていないのではないかな。

この映画は言うまでもなく『NANA』の続編である。だから、原作がどうだとか人物設定がこうだとかくどくど書くのはやめておこう。当然前作を観た人が観るものとして作られている。

監督は同じ大谷健太郎である。脚本は浅野妙子との共同執筆から大谷健太郎単独に変わった。カメラマンも前作の鈴木一博から清久素延という人に代わっている。(宮崎あおい)

で、何が辛いかって、僕のような宮﨑あおいファンにとっては小松奈々役が市川由衣に代わったのがツライ。どうしても比較して観てしまう。当然後からやるほうが不利だろう。

つまりこれは、客観的に見てどちらが魅力的かどちらが巧いかという問題ではなく、前作で完璧にイメージが固まってしまったということ、如何に前作の完成度が高かったかを物語るものなのだろうと思う(コミックスを読んで映画も2つとも見たという人なら、また印象が異なるのかもしれないが・・・)。

他にもレン役が松田龍平→姜暢雄、シン役が松山ケンイチ→本郷奏多というメインキャストの交代があった訳で、松田龍平ファンや松山ケンイチのファンたちも僕と同じように辛い思いで観ていたのではないかと思うのだが、これも必ずしも松田が姜より魅力的であるとか松山が本郷より巧いとかいうことではなくて、ひとえに前作の完成度の高さを物語るものではないかなと思う。

しかし、それにしても本郷奏多って『HINOKIO』のひ弱な少年でしょ? ちょっと細っこくて頼りなかったですぜ。ただ、前作とは異なった個性を出していたのも確か。
(ちなみに、僕が去年『NANA』を観た2日後に観たのがこの『HINOKIO』だった)

そういう意味で、結局この第2作では第1作から引き続いて出演している3人──大崎ナナ役の中島美嘉、ノブ役の成宮寛貴、タクミ役の玉山鉄二の個性が際立った作品になっていた。

今回もまたストーリーやファッションは原作にかなり忠実なんだろうか?

話は奈々とタクミとノブの三角関係が中心になっていて、ナナとレンのほうはさしたる進展もない。しかし、それでも圧倒的な存在感を見せつけているのはナナの中島美嘉のほうである。

そして、前作ではチョイ役だった玉鉄がかなり前面に出てきた。女ったらしの身勝手な男だけれどいざという時には肝が据わっているタクミというスーパースターを見事に好演していた。そして、それを際立たせたのが対照的な人物を演じた成宮寛貴である。

リアリティあるよ。人物も台詞も。

人間というものは必ずしも論理的な決断をして論理的に行動するものではないのだけれど、映画がそれを下手に描こうとすると、「えー、そんな馬鹿な」と思えてしまうものだ。しかし、この映画では最低でも「自分は絶対こういうことしないけど、うん、いるんだよね、こういう人。まあ、それが奈々ちゃんの魅力なんだけどね」くらいには思ってしまう。

奈々だけじゃなく、ナナにも、ノブにも、タクミにも、シンにも、ヤス(あ、この役の丸山智己も連続出演だった)にも、レンにも、みんなに対してそういう共感がある。

そのあたりは大谷健太郎監督の手腕だと思う。

撮影監督は前作と代わってしまったけど、窓を特徴的に使った良い画を撮っていたと思う。

前作同様音楽も良い。ただし、僕としては(前作でもそうだったのだが)ブラストよりもトラネスのほうが好き。

|

« IE7便り | Main | メインテナンス中 »

Comments

本郷奏多の投入で、シンは原作のイメージにより近くなったような気がしました。パンクで、あどけなく、イタズラな感じがするキャラなので。松山ケンイチのシンも良かったのですが、シンが飼い猫キャラじゃないと、“ノブとシン”の師弟のような掛け合いが描けないので、これでよかったのかなーと。

確かに、登場人物1人1人に、「ああ、こういう人っているかも」と思いました。この『NANA』シリーズは、深夜のコンビニの空気を感じます。

Posted by: みかん | Tuesday, December 12, 2006 at 22:33

> みかんさん

コメントありがとうございます。
へえ、そうですか、本郷奏多のほうが原作のイメージに近いんですね。で、飼い猫キャラなんですか。なるほど、それなら今回の本郷君は間違いなく好演と言えますね。
原作を知らないと松山ケンイチのシンもなかなか味があって良かったんですけどね。

Posted by: yama_eigh | Wednesday, December 13, 2006 at 20:21

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/12935253

Listed below are links to weblogs that reference 『NANA2』マスコミ試写会:

» NANA2公開 [ニュースをよむ!]
映画「NANA2」が12月9日に公開されました。2005年の「NANA」のヒットをうけての続編、今回も期待できそうですね♪「NANA」の原作は矢沢あい。漫画は「Cookie」(集英社)で連載中です(発売日は毎月26日)。映画「NANA」ではナナ役を中島美嘉、ハチ役を宮崎あお...... [Read More]

Tracked on Tuesday, December 19, 2006 at 10:40

« IE7便り | Main | メインテナンス中 »