« 『翻訳教室』柴田元幸(書評) | Main | 『NANA2』マスコミ試写会 »

Sunday, December 03, 2006

IE7便り

【12月3日特記】 会社のPCに Internet Explorer 7 を入れてみた。

「もうタブ・ブラウザを使い始めると他のブラウザが使えない」と言って会社でも Firefox  を使っている人もいるのだが、僕の場合は家では Firefox 、会社では IE と使い分けている。

で、Microsoft が Firefox の真似をした IE の ver.7 が出たと聞いたのでバージョンアップしてみた。

やっぱりタブ・ブラウザのほうが格段に使い心地が良い。

ボタンの配置などが大きく変わってしまったので多少戸惑う部分もあるが、まあ、前よりは相対的に使い勝手が良くなった。

特にお気に入りや履歴のボタンを押しても前のように左側のスペースを占有されてしまうことがなくなったのが良い。ページ再読み込みのボタンはできれば左側に置きたいのだが、そういうカスタマイズができなくなったのは痛い。

ところで、以前使っていた IE6 には Google Bar を入れていたのだが、それに上書きしてバージョンアップすると、IE7 には初めから検索バーが組み込まれているので、Google Bar が2つになってしまった。

これは具合が悪いというので後から入ったほうを消そうとしたのだが、どうもできないらしい。仕方ないので、ver.7 にデフォルトで組み込まれているほうの検索窓を Wikipedia 用に変えた(まあ、Yahoo! でも良かったんですけど、まず使うことがないので・・・)。

で、肝心のタブ・ブラウジングについてだが、Firefox と比べて別に遜色がない。IE のほうが優れているという点も特に感じないが。

ところで、問題が1点。元から入れていた Goolgle Bar で検索した時、僕は家の Firefox と同じく「別ウィンドウで開く」設定にしている。そうしておくと Firefox ではちゃんと別タブで開くのだが、IE7 では文字通り別のウィンドウが立ち上がってしまうのだ。

これではタブ・ブラウザの意味がないではないか?

Microsoft さん、ちょっと勉強が足りないのでは?
いや、きっと「それは Google 側の問題である」と言うんだろうなあ。

|

« 『翻訳教室』柴田元幸(書評) | Main | 『NANA2』マスコミ試写会 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/12916746

Listed below are links to weblogs that reference IE7便り:

« 『翻訳教室』柴田元幸(書評) | Main | 『NANA2』マスコミ試写会 »