« 『サマータイムマシン・ブルース』 | Main | 『ティム・バートンのコープスブライド』 »

Sunday, November 12, 2006

映画『ナチョ・リブレ』

【11月12日特記】 映画『ナチョ・リブレ』を観てきた。

最初に断っておくが、僕はこの手の映画が好きである。結構笑ったし、見終わった後に生きる力が湧いてきた。

「生きる力」だなんて大げさな、でも面白かった、という人もいるだろうし、大して面白くもなくバカバカしくて語る気にもなれない、という人もいるだろう。でも、僕は笑って感動した。それはこの手の映画が好きだとしか言いようがない。

で、そういう人は僕以外にも確かにいるみたいで、僕が観たときにもスクリーンに向かって「早く、早く!」と思わず声を掛けてしまった人もいたし、エンディングテーマが終わった後1人だけ拍手した人もいた。

ただし、これを読んでいるあなたがそういう人だかどうかは分からない。

舞台は修道院がやっている孤児院。そこで育ち、今は修道僧と孤児の食事係をしているイグナシオ(ジャック・ブラック)。彼はルチャ・リブレの大ファンだが、修道院ではTVで見ることさえ禁じられている。

ルチャ・リブレ(自由の戦い)とは、僕らミル・マスカラス世代にはお馴染みなのだが、メキシコ流の、派手な空中戦を特徴とするプロレスである。

修道院では厄介者扱いをされて嫌気が差したイグナシオは、やがてマスクとタイツに身を包み、ぶよぶよの体を彼なりに鍛え、街で見つけた浮浪者スティーブン(ヘクター・ヒメネス)を相棒にリングに上がる。イグナシオは“ナチョ”、スティーブンは“ヤセ”(これはスペイン語ではなく日本語訳)というリングネームで。

緒戦は惨敗、と言うか、何戦やっても絵に描いたような負け、魔術にまで頼ってみたがやっぱり完敗。それでも負けっぷりが良いから、試合のオファーは次々に来る。ほんでいろいろあるのだが最後は無敵のチャンピオン“ラムセス”に男の意地をかけて挑む、というストーリーである。

これ、言わばロッキーのルチャ・リブレ版なんですよね。ナチョはある意味ロッキーそのもの。で、シスター・エンカルナシオン(アナ・デ・ラ・レグエラ、シスター役にふさわしい清純さでした!)がエイドリアン。

主演のジャック・ブラックは肉体の動きと表情、そして歌まで含めて名人級のコメディアンである。相棒のヘクター・ヒメネスも如何にも頭悪そうで、とてもおかしかった。

その上プロレス・シーンは結構見もの。僕なんか心の中で「出たーっ、弓矢固め!」とかしょっちゅう叫んでた。小人プロレス含めて、変てこなレスラーてんこ盛り。

かと思うと一番のクライマックスでリングサイドにシスターとチャンチョ(イグナシオを慕う孤児院のガキ)が現われた時には目がウルウルしてしまった。まことによく出来た映画である。

そして、各場面に流れる音楽がまた、とても良い、と言うか適切なのである。ロックあり、フォークっぽいものあり、当然ラテン系(メキシカン、スカ、フォルクローレ)、はたまたグレゴリオ聖歌風のものまで。これは音楽にかなり造詣が深く、センスの良いスタッフがいたということだろう。

しかし、何にも増してこの映画の凄いところは、宗教的にもちゃんと完結しているところである。我々日本人の生活の中にも意外に宗教は根付いているが、こういう形では定着していない。なんか、ちょっと羨ましい気がしたなあ。

製作・脚本のマイク・ホワイトは『スクール・オブ・ロック』の脚本書いて出演した人。WOWOW で録画し損ねたのが返す返すも残念である。

でも、繰り返して書くが、ホントに笑って、ホントに生きる勇気が湧いた。

|

« 『サマータイムマシン・ブルース』 | Main | 『ティム・バートンのコープスブライド』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『ナチョ・リブレ』:

« 『サマータイムマシン・ブルース』 | Main | 『ティム・バートンのコープスブライド』 »