« Blowin' in the wind | Main | 映画『DEATH NOTE the Last name』 »

Friday, November 03, 2006

映画『ストロベリーショートケイクス』

【11月3日特記】 映画『ストロベリーショートケイクス』を観てきた。

映画を観る動機付けはいくつかある──監督で観る、役者で観る、脚本家で観る(僕はこの順かな)。もうひとつあるのは、映画評で観る。今回はこのパタン──アロハ坊主さんの評を読んで俄然観たくなった(もちろん池脇千鶴が出ているからという側面もあったが)。

彼の解説が素晴らしいので、今回僕は重複するようなことは書かないことにする。

矢崎仁司って全然知らなかったけど、そんな良い監督だったんですか。『三月のライオン』ってそんな凄い映画だったんですか。この『ストロベリーショートケイクス』を観て『三月のライオン』も観たくなった。

女性2人の組合せがふた組登場する。ひと組は職場での結びつき。風俗店(デリバリー・ヘルス)の受付け係とデリヘル嬢。

受付け係の池脇千鶴は自分を捨てようとする男に文字通り縋りついて道路を引きずられたことがある。それ以来男っ気なし。道で拾ってきた小石を神様に見立てて部屋に飾り、「恋がしたい」などと願を掛ける。

デリヘル嬢の中村優子はマンションを買うためになりふり構わず客を取る。一方で大学時代の同級生・安藤政信に対する一途な片想いを胸に秘めている。何故だかベッドではなく棺桶に入って寝ている。

もうひと組はルーム・シェアする2人。OLの中越典子はイイ男を見つけて寿退社することしか眼中にない。態度が露骨すぎて同僚OLたちには軽蔑されている。男から見れば、こういう女の子は最初は可愛く思えても次第に重荷になる。

中越と同じマンションに住む岩瀬塔子はイラストレータ。別れた男に未練はなく、今は仕事一筋で、少しずつ売れつつある。だが、仕事上のストレスもあって典型的な過食症。食べては自ら喉に指を突っ込んで吐くことの繰り返し。

映画である以上、このふた組4人の女性がどこかで繋がるはずである。ところがなかなか繋がらない。結構引っ張る。僕にとってはこの構成が結構太い縦軸になった。

魚喃キリコ(この名字、何と読むのかと思ったら、ナ、ナ、何と、ナナナンと読むんですね)のマンガの映画化である。原作が良いのか脚色が素晴らしいの知らないが、非常に良く出来た脚本である。

過不足がない。語りすぎてくどくなっていないし、控えすぎて筋が解りにくくなったりもしない。観ている時間経過に沿って順序良くいろんなことが観客の目に見えてくるのである。台詞も非常に巧い。特に独り言。時として怖かったりもする。

冒頭のシーンでの凝りまくったカメラワークに度肝を抜かれるが、その後は割合おとなしい。しかし、光と角度の使い方が非常に適切である。

この映画の一番の魅力は、これだけ痛々しい女たちを扱いながら、彼女たち一人ひとりに対して愛おしさが溢れ出ているということだ。ストーリーを書くとかなり荒涼としているが、優しい優しい映画である。

終わり方は、ある種常套的な手段ではあるが、「余韻というものはこういう風にすれば残るんだ」と言わんばかりの冴えがある。好きだなあ、ああいう終わり方。

4人がそれぞれ新たな局面に入っている、いや、新たな局面に入ったのかな?という予感がある。その後の彼女たちの人生がどうなるかは解らない。ひょっとするともっと惨めなところに堕ちて行くのかもしれない。しかし、それもまた新たな旅立ちである。

見終わった後までもいろいろ考えさせてくれる。良質の映像作品を観せてもらった。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

アロハ坊主の日がな一日
変身のための起源論
APRIL FOOLS

|

« Blowin' in the wind | Main | 映画『DEATH NOTE the Last name』 »

Comments

いつもご贔屓にしていただいて、オオキニです。
魚喃キリコの原作も、ぜひ見てください。原作以上に、キャラ・演出にこだわっているのがわかるはずです。

では、また。

Posted by: アロハ坊主 | Sunday, November 05, 2006 at 01:59

> アロハさん

わざわざどうも。
そうですか。じゃ、原作も読んでみます。

Posted by: yama_eigh | Sunday, November 05, 2006 at 15:41

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/12542822

Listed below are links to weblogs that reference 映画『ストロベリーショートケイクス』:

» 『ストロベリーショートケイクス』-溶け落ちそうでも生きているもの [変身のための起源論]
 原作-魚喃キリコ/監督-矢崎仁司/脚本-狗飼恭子。  出演は、里子-池脇千鶴/ [Read More]

Tracked on Saturday, November 04, 2006 at 00:39

» [ ストロベリーショートケイクス ]神様は“まるい”のだ [アロハ坊主の日がな一日]
[ ストロベリーショートケイクス ]@渋谷で鑑賞 魚喃キリコの人気コミックの映画化。監督矢崎仁司が魚喃 キリコにこの[ ストロベリーショートケイクス ]の映画 化を持ちかけてスタートする。そして脚本は、小説家狗飼 恭子に依頼しコラボが実現。 性格も仕事も異なる4人の女性。それぞれの幸せを求めて、 懸命に生きている姿はとても愛おしい。これだから、コミ ック原作の映画を観るのをやめられない。 ... [Read More]

Tracked on Sunday, November 05, 2006 at 01:53

» 【劇場鑑賞112】ストロベリーショートケイクス(strawberry shortcakes) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
フリーター 里子 デリヘル嬢 秋代 OL ちひろ イラストレーター 塔子 痛々しくて、いとおしい彼女たちの”選択” 最悪な出来事を乗り越えられたあたしには、 なんだってできるような気がしたんだよ ... [Read More]

Tracked on Sunday, November 05, 2006 at 15:34

» 「ストロベリーショートケイクス」シビア過ぎて夢は見れない [soramove]
「ストロベリーショートケイクス」★★★☆劇場にて 池脇千鶴、中村優子、中越典子、岩瀬塔子主演 矢崎仁司 監督、2005年 予備知識無しで、 池脇千鶴が出ているので、劇場へ。 こんな感じでこの映画を見ると驚く、 スッゲー驚く、 彼女以外の3人の女性の方...... [Read More]

Tracked on Wednesday, November 22, 2006 at 09:23

« Blowin' in the wind | Main | 映画『DEATH NOTE the Last name』 »