« 地球を百周するのを僕は黙って見ている | Main | 撮影 浜田毅 »

Sunday, October 15, 2006

映画『涙そうそう』

【10月15日特記】 映画『涙そうそう』を観てきた。

涙を前面に押し出した映画は僕の趣味ではない。
ただ、予告編を見る限り出来は悪くなさそうなのだ。それで、先日一度は入場券売り場で気が変わって観るのをやめたのだが、今日また気を取り直して観てきた。

まさに「乙女の紅涙を絞る」、さあ泣けとばかりの映画なのだが、思ったほどあざとくはなく、抵抗なく観られた。
そして、途中まで順調に泣かずに来たのだが、やはり2度ほど(カオルが兄ィニィの家を出て行くシーンと、海辺でオバアがカオルに話しかけるところで)泣いてしまった。

洋太郎(妻夫木聡)とカオル(長澤まさみ)はそれぞれの母(小泉今日子)と父(中村達也=誰だそれはと思ったら、なんと BLANKEY JET CITY のドラマーだった)が再婚したことによって兄妹となる。カオルはすぐに洋太郎を慕うようになり、洋太郎を兄ィニィと呼ぶ。

トランペッターの父は家族を捨てて家を出てしまい、母も間もなく病死する。2人は島に住むオバア(平良とみ)の許で育つが、洋太郎は先に沖縄本島に渡り、高校を中退して働いている。そこへ沖縄北高校に合格したカオルが出てくるところから映画は始まる。

いかにもテレビ的な短めのカットを重ねたテンポの良い運びである。冒頭の十数分間で以上のような前提を説明し切っている。

そして、何とも言えず画が良いのである。

屋上にある家を出て階段を下りて道路に出る洋太郎を追う俯瞰。カオルが本島に入港して来た船の甲板に現われるシーン(船の動きとカオルの動き、そしてカメラの動きとの調和)。カオルが兄ィニィの家を出て行くときの、洋太郎の目線からの俯瞰。それを見上げるカオルをやや仰角で捉えるカメラ。そして、沖縄の海と雲と太陽・・・。

この映画のキーとなるのは洋太郎が母から教えられた涙を止める方法(何のこたぁない、鼻をつまむだけなんですが)──それが何度も出てくる。洋太郎もカオルも涙が出そうになると何度もそれをやる(それを観ていて涙が出そうになった僕もやろうかと思ったくらい)。

そして、カオルが最後にそれを試みたシーンでは、オバアがこう言う。

カオル、我慢しないで、泣いたっていいのさぁ。
悲しい時は、うんと、うんと泣いたっていいのさぁ。

この平良とみの台詞には万感胸に迫る思いがした。『ナビィの恋』から7年。名女優は健在である。この境地に至るまでの道程を描くのがこの映画の使命であったとまとめても良いと思う。

そして、もうひとりのオバア(こっちは祖母ではなく老女の意)を演じた大城美佐子も凄かった。何者か知らずに観てたら最後にサンシン持ち出して歌うんだもんなあ、参った。沖縄弁の歌詞は何言ってるかさっぱり解らないのに、何故だか胸にズシンッと響く。

また、主演の2人が何とも言えず良い。

妻夫木聡は笑顔がとっても素敵だ。バカで単純で意地っ張りだが明るく一本気で人間的な魅力を感じさせる。長澤まさみのほうは、今回は彼女の武器である「泳ぐ目」をそれほど多くは見せなかったが、ややオーバー目の演技であどけなさを目一杯表現していた。泣いても笑ってもどうしようもなく可愛いのはいつもどおり。

この2人がそれぞれ相手の寝顔を見るシーンが1回ずつあるのだけれど、息を呑むようなシーンだった。血が繋がっていないだけにこういうシーンにはドキッとさせられる。

脚本としては、洋太郎やカオルが何を考えてそういう行動に出たのかがきっちり伝わらない部分もあったが、役者陣の圧巻の演技はその欠陥を上回って余りあるものがあった。

思えばこれは三題噺みたいな企画で、まず、タイトルに因んで涙がはらはら流れるような話にしなければならないし、舞台はそうだ、BEGIN の出身地である沖縄にしよう、それで歌詞に沿った設定も入れ込もうか(例えば「古いアルバムめくり・・・」)なんて感じなのだが、そういう意味では、脚本家の吉田紀子は巧くまとめ上げたね、というところ。

僕は本来的に直球勝負の企画は好まない。観ていて「ちょっとは手許で変化させてみろよ」と呟いてしまう。ただ、『フラガール』が140km/h台半ばの直球だとしたら、この映画は150km/h台後半の剛速球だった。

近隣や親戚などとのつきあいが希薄になっている現代でこういうストーリーが成り立つのは沖縄ならではなんだろうか。そういう中である日突然家族を捨ててしまう父親の存在が効いていたように思う。全く共感できない人物であるが、逆に存在感はしっかりと伝わった。

Nadasosoところでパンフの最後のページに、映画の中に出てくるカオルから洋太郎への手紙と洋太郎からカオルへの手紙の実物(?)が封筒ごと貼ってあるのだが、これ、何で手書き文字のコピーにせずに活字にしたんだろ? これは興醒めである。

★この記事は以下のブログからTBさせていただきました。

アロハ坊主の日がな一日
Akira's Voice
ラムの大通り
APRIL FOOLS
長江将史~てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ

|

« 地球を百周するのを僕は黙って見ている | Main | 撮影 浜田毅 »

Comments

はじめまして!モッピーと言います。
ブログ検索でお邪魔しちゃいました。
私も「涙そうそう」見てきたんですよ♪

血のつながらない兄妹が恋人以上の愛情
で結ばれている感じがして・・・
さすがにラストの場面ではウルウル
しちゃいました^^

良かったらトラックバックお願いします。

Posted by: モッピー | Sunday, October 15, 2006 22:30

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『涙そうそう』:

» ☆“涙そうそう”を見てきましたぁ〜♪ [★サラリーマン人生を途中下車し、今では自宅でプチ社長♪]
{/new_color/} サラリーマン人生途中下車し、自宅で楽しく{/pc2/}仕事をしています。 時間的な自由があるって最高ですね 昨日はサラリーマン時代の先輩と、久々に千葉で呑み会でした。 早めに家を出て映画館へ直行しちゃいましたぁ〜 −名曲「涙そうそう」から生まれた、恋より切ない愛の物語− 妻夫木聡・長澤まさみ主演の「涙そうそう」 を見てきました   母・光江(小泉今日子)の再婚により、洋太郎の�... [Read More]

Tracked on Sunday, October 15, 2006 22:41

» [ 涙そうそう ]なんくるないさ [アロハ坊主の日がな一日]
[ 涙そうそう ]@吉祥寺で鑑賞 本作は売れっ子俳優、妻夫木聡と長澤まさみの初共演作品。 去年観た[ ニライカナイからの手紙 ]のパンフレットも そうだが、パンフレットの表紙が非常に似ている。どちら も、沖縄を舞台にした映画。今さらではあるけれど、沖縄 という土地は、日本(本州)とは異なる独自の文化を持った ところだとつくづく思わされる。それは、人生観や死生観 の違いにまで表れているのだろう。 ... [Read More]

Tracked on Sunday, October 15, 2006 22:45

» 『涙そうそう』 [ラムの大通り]
----この「涙」って、「なみだ」じゃなくて 「なだ」って読むんだよね。知らなかったらあきれられちゃった。 「ぼくも(笑)。 これって、沖縄のBEGINが作曲したメロディに 森山良子が詞を乗せ、夏川りみがカバーした いわゆる歌なんだって。 その詞は森山良子が亡き実の兄を思って書いたとか。 だからと言って実話と言うわけではなく、 映画では、血の繋がらない兄・洋太郎(妻夫木聡)と妹・カオル(長澤まさみ)が�... [Read More]

Tracked on Monday, October 16, 2006 10:57

» 涙そうそう [Akira's VOICE]
泣かす為だけの映画でも,溢れる優しさはあたたかい。 [Read More]

Tracked on Monday, October 16, 2006 11:30

» 「涙そうそう」試写会レビュー 沖縄に生きる「人」を感じる。 [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
お馴染みのリサイタルホール。今年で試写会4回くらい来させてもらったけど(日本沈没・出口のない海・ウルトラマンメビウス)、どれも盛況ぶりで比べられないf^_^;ちなみに、開場の30分前に並べたら余裕持ってみれますよ♪今回もメビウスん時と同じはしの席。おじいちゃんおばぁちゃんがなかなかいてちょっとびっくり。高校生もいたね、幅広い層にウケる、妻夫木クン・長澤まさみです。... [Read More]

Tracked on Tuesday, October 17, 2006 12:02

» 「涙そうそう」で感動の涙が止まりません(;θ;) [Thanksgiving Day]
映画「涙そうそう」を観にいってきました。 もうぼくは涙がとまりません。感動です(;θ;) 「涙そうそう」というと戦争中の沖縄の話しじゃないかと、お思いの方も多いかもしれませんが、この映画は現代の話しです。 こんな内容です。 『自分の店を持つことを夢見て....... [Read More]

Tracked on Friday, October 20, 2006 03:25

» 「涙そうそう」こんな映画好きじゃない [soramove]
「涙そうそう」★★★ 妻夫木聡、長澤まさみ主演 土井裕泰 監督、2006年 登場する沖縄の人達の独特の イントネーションが耳に優しい。 これは沖縄から遠く離れて、旅行で行くような 「ハレ」の場所だからそう感じるのだろう。 主人公の暮らすビルの屋上...... [Read More]

Tracked on Monday, October 23, 2006 07:40

» 涙そうそう [シネクリシェ]
 こういう作品は、いままでの経験からいって6割が標準作、3割が駄作で、本当に傑作といえるのは1割程度というところでしょうか。  前評判が高い [Read More]

Tracked on Monday, October 30, 2006 06:08

» 涙そうそう−(映画:2007年44本目)− [デコ親父はいつも減量中]
監督:土井裕泰 出演:妻夫木聡、長澤まさみ、麻生久美子、塚本高史、中村達也、平良とみ、森下愛子、船越英一郎、橋爪功、小泉今日子 評価:77点 公式サイト (ネタバレあります) 「涙そうそう」って本当にいい歌だ。 この映画でも満を持しての最後に登場。...... [Read More]

Tracked on Monday, April 09, 2007 00:14

« 地球を百周するのを僕は黙って見ている | Main | 撮影 浜田毅 »