« 映画『薬指の標本』 | Main | 試される »

Monday, October 23, 2006

十人十色。え、僕だけ色合いがかけ離れてるって?

【10月23日特記】 お互いのブログで時々交流させてもらっている soramove さんから、僕の『涙そうそう』の記事にTBをいただきました。まず当然TB先の soramove さんの記事を拝読したのですが、うむ、人間の感じ方はこんなにも違うんだな、とちょっと認識を新たにしました。

(以下いろんな映画の結末に触れます。避けられる限り具体的な表現は避けるつもりですが、論の展開上一部触れざるを得ない点もあります。筋について何も知りたくない、ハッピーエンドなのかその逆なのかさえ知りたくない、という方はご注意下さい)

soramove さんのタイトルは「『涙そうそう』こんな映画好きじゃない」です。このタイトルには別に驚きません。僕が驚いたのは「お金を払ってまで、厳しい現実を見たくは無いのだ」というくだりです。

「フラガール」は単純なハッピーエンドだった、
もちろん観客も人生にそう単純なハッピーエンドは無いと知っている。
でもだからこそ、懸命に頑張ることに素直に感動し、
そして勇気をもらって
「よし、自分も明日からもっと頑張るぞ」という気分になるというもの。

お金を払ってまで、厳しい現実を見たくは無いのだ。

僕はお金を払ってまで単純なハッピーエンドを見たくない、とまではさすがに言いませんが、それにやや近い感覚を持っています。ハッピーエンドだと空々しくて頑張ろうという気にもなれません(もっとも、随分前から「頑張る」という言葉を使わないようにしている僕ですが)。

「ひねくれている」「悲観的すぎる」──そういう批判は甘んじて受けます、と言うか、別に批判とも感じません。なにしろ「常に後ろ向きの発想を忘れない男」を自認・標榜している僕ですから(笑)。

「ふーん、世の中にはそういう人もいるんだ!」と思いました。もっとも世間一般からすれば僕のほうが「ふーん、世の中にはそういう奴もいるんだ!」と言われるほうなんでしょうけど(再笑)。

soramove さんが書いておられる通り、『涙そうそう』は観客を泣かせることしか考えていません。「泣かせることには成功しているが・・・」というご指摘は僕ももっともだと思います。

妻夫木が突然死んでしまうところがいかにも都合が良すぎるのです(もちろん観客にとってではなく、脚本家にとって)。そういう意味ではわざとらしい筋運びです。

でも、ほのかな救いがあるじゃないですか。それがあればハッピーエンドでなくても、いや悲しい結末であっても、厳しい現実であっても、鮮やかな余韻があればそれで良いと思うんですよね。

僕が「これはひどいなあ」と思ったのは、例えば(もう随分前に見たので記憶もおぼろげですが)『ダンサー・イン・ザ・ダーク』で、あの映画も将来眼が見えなくなる病気というのが如何にも都合が良すぎる上に、おいおい、それはないやろ!と言いたくなるくらい全く救いのない、観客を奈落の底に突き落とす結末でした。

逆に、例えば『ゆれる』では、大方の予想に反して香川照之は服役することになり、刑期を終えて出てきた後もなんとなく兄弟の関係は修復しないままです。でも、ラストの1シーンでは、ここにもほのかな救い(かもしれないという予感。言ってみれば、明るいほうに想像する余地)があるじゃないですか。

また、例えば『やわらかい生活』でも、突然豊川悦司が都合よく死んでしまいます。寺島しのぶは回復しないままですが、それでもやっぱりほのかな救いがある、少なくとも僕はそう感じました。

『涙そうそう』では、今までの人生でずっと涙をこらえて生きてきた長澤まさみが、平良とみに「辛抱しないで泣いていいのさぁ」と諭されて何か感じるものが、その後の彼女の人生の力となるものがあったはずです。彼女は一連の悲しい出来事を経て、初めて成長できたはずなのです。

成長というのはことほどさように生半可なものではないように僕は思うのです。

そういう意味で、『フラガール』はちょっと緩い。
「一生懸命練習してグランドオープンのショーは成功しました」みたいな1行で済む話では、あるいはもう少し書き足しても「母親を含め理解を得られなかった人々の心も動かしました」みたいな2行で済む話では、僕にはちょっと物足りなくて興醒めしてしまうのです。

ひどい目に遭って、打ちひしがれて、その中にほのかな救いの予感があるような、ないような・・・。人生ってそんなもんじゃないでしょうか。

無論他人の感じ方を否定する気はさらさらありません(soramove さん、気を悪くしないで下さいね)。どっちが良いとか悪いとか、鑑賞の仕方が正しいとか間違ってるとか、そんな狭量なことを言うつもりは全くありません。

ただ、人の感じ方はさまざまだなあ、ということを書きたくて、僕自身の感じ方をやや詳細に記してみました。

|

« 映画『薬指の標本』 | Main | 試される »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 十人十色。え、僕だけ色合いがかけ離れてるって?:

« 映画『薬指の標本』 | Main | 試される »