« ブログの牢獄 | Main | 『日本語の歴史』山口仲美(書評) »

Thursday, September 14, 2006

ヲタクかミーハー

【9月14日更新】 僕のブログを読んだアロハ坊主さんに、

「yama_eighさん、最近マンガ原作&アイドル主演系は必ず観てますね。
今になって、ヲタってきたんじゃないですか」

と書かれてしまいました(アロハさんのブログの映画『ラフ』の記事のコメント欄)。

いや、別に気を悪くしたりしてませんよ(^_^)v
だって、僕、前からヲタクですもん。

アイドル・オタクという意味でもそうですし(もちろん時期と対象によって濃淡はありましたけどね)、もっと広い意味でもオタクですよ。いろんなものに対してオタクしてきました。

僕はどういう風の吹き回しか放送局なんぞと言うところに勤めてしまいましたが、今になって思うことがあります。

それは(広い意味で)オタクかミーハーでないと、あるいは少なくともオタクかミーハーのシンパでないと、ウチなんかの業界に来ても仕方がないんちゃうかなということです。

政治部の記者であっても、バラエティのADであっても、あるいは地道な経理マンであっても、またはIT構築の専門家であっても、やっぱヲタクかミーハーが基本っしょ?

え? 違う?
違うとしたら、それが近年のTV衰退の遠因かも。

|

« ブログの牢獄 | Main | 『日本語の歴史』山口仲美(書評) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ヲタクかミーハー:

« ブログの牢獄 | Main | 『日本語の歴史』山口仲美(書評) »