« Dancing in the water closet | Main | 電球交換の秘密 »

Wednesday, September 27, 2006

「リンクフリー」

【9月27日更新】 長らくこの表現を目にしない。今ではリンクは自由にできて当たり前だと捉えられている。

ブログなら何の断りもなくリンクを張って良いのが当たり前だろう。それがブログの特性である。

もちろんやろうと思えばトラックバック拒否の設定はできるが、そんなことするならブログなんかやるなよ、というのが一般的な感じ方だろう(もっとも、TBを受けつけない設定で超人気ブログを運営しているさとなおさんみたいな人もいるにはいるが・・・)。

そして、その感覚は今やHPかブログかの区別なく広がっているのではないか?

昔のHPはそうではなかった。リンクを張りたいと思ったときには、そのページ内のどこかにリンクを張っても良いか悪いかの記述がないか探したものだ。

さすがに「リンク厳禁!」というサイトに出会ったことはないが、「無断リンク厳禁!」なら何度かある。「リンクを張る際には必ず連絡のメールを下さい」というのである。

そんなこと言われるとリンクは一体誰のものなのか──張られるほうのものなのか、張る側のものなのか、それともネット上の共有物なのか、などと考え込んでしまうが、要するに昔はリンクがそれほど貴重なものだったという証拠である。「相互リンクが条件だ」と謳っているサイトもあった。

僕はHP(このブログのことじゃないよ)開設時から「リンクフリー」を謳ってていて、未だにHP内に表示している。最初からそういうものだと割り切っていたのである。

「変なページと繋がりたくない」という気持ちは解らないでもないが、直接的にどんなに気を遣ってみてもどこかで間接的に繋がっている可能性はあるのだから、誰でも勝手にリンクしてくれれば良い。たとえそれがエロ・サイトであっても悪徳商法のショッピングのサイトであっても断るつもりはなかった(し、どこにリンクされているかこちら側で確かめる術もないので仕方がない)。

でも、そういう時代だったから、こちらがリンクフリーを謳っていても「リンクさせてください」というメールが結構頻繁に来たものだ。最近はめっきり来なくなったなあ。最後に来たのは今年の1月だった。

ところで、リンクは「張る」ものなのか「貼る」ものなのか?

一般的には「張る」が正解なんだけど「貼る」でも良いような気もする。──この続きはHPのほうに書くつもりです。10月の20日過ぎにHPのほうを見てください。

|

« Dancing in the water closet | Main | 電球交換の秘密 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/12062873

Listed below are links to weblogs that reference 「リンクフリー」:

« Dancing in the water closet | Main | 電球交換の秘密 »