« 大停電の朝に | Main | フォントの縮小と体脂肪率の低下 »

Tuesday, August 15, 2006

筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味

【8月15日特記】 大方の予想通り、今日、終戦記念日に小泉首相が靖国神社に参拝した。前にも書いたことなのだが、小泉純一郎がどうしてそんなに靖国に参拝したいのか僕にはさっぱり見当もつかないのである。

日本遺族会の歓心を買って票に結びつけたいというような動機だとはとても思えない。小泉は筋金入りの個人主義者である。日本遺族会であれ自由民主党であれ、そういう団体のために彼が行動するとは思えないのである。やはり本人が参拝したいから参拝したに違いないと思ってしまう。

そして、「職務としてではない」「心の問題である」「圧倒的多数の戦没者に哀悼の意を捧げるために行った」「いつ行っても批判されるのであれば適切な日だと判断した」という彼の言説は見事に論理的整合性が取れているように思う。

だが、彼の行動はそういう論理的整合性に支えられたものだとも思えない。むしろ「行くったら行くんだい!」みたいな幼児性を強く感じてしまうのは僕だけではないのではないか?

一方、彼を批判する国内外の人々の態度を見ると、本当に1つのことで全体を判断するのが好きだなあと驚いてしまう。何故そういう態度をとるかと言えば、1つのことで全てを判断できれば楽だからである。

靖国に参拝するのは旧大日本帝国の侵略を正当化する者、靖国に参拝しないのはそれを反省する者──そういう二者択一なのである。小泉が戦没者追悼式で表明した「アジア諸国に対する深い反省」は何故だかその判断材料には加えてもらえない。

そして、そんな四面楚歌の中で敢えてその踏み絵を踏んで見せる(あるいは踏み外してみせる)ところが如何にも小泉純一郎らしい悪趣味であると思う。

僕は現役の閣僚が靖国神社に参拝することには単純に反対だが、そういう悪趣味についてはついつい共感を覚えてしまうのであった。

僕にも、多分小泉純一郎にも、「踏み絵くらいいくらでも踏んでやるさ」という強がった気分があるはずだ。あとは足の下に今あるものが踏み絵であって地雷でないことを祈るのみである。

|

« 大停電の朝に | Main | フォントの縮小と体脂肪率の低下 »

Comments

>靖国に参拝するのは旧大日本帝国の侵略を正当化する者、靖国に参拝しないのはそれを反省する者

と言っているステレオタイプなあなたも、小泉とドングリの背比べ。

Posted by: 通りすがり | Tuesday, August 15, 2006 22:22

 中国、韓国の抗議デモや各国の反対を押し切って参拝することに意義を見いだしているように思います。周りが何といおうと我を通すことができる人間が偉いんだという発想です。

 票集めを目的とするところも大きい思いますし、これは小泉首相の性格に反することではないと思います。ふつうの人なら「人から受け入れられたい」と思ってやることが、小泉首相の場合は「力を誇示することで人を従えさせる」という行動なのだと考えます。反対する人を徹底的に叩いて、賛成する人を味方に加えるわけです。

 そういう観点で行くと、郵政の造反組離党も、こんかいの参拝も、考え方は同じです。

 それと、横レスですみませんが通りすがりの方、それは「外国からそう認識されてしまう」という意味でしょう。それにしても、一般人とドングリの背比べとは、首相も大した人物ではありませんね。

Posted by: 真実を追う者 | Tuesday, August 15, 2006 22:51

> 真実を追う者さん

コメントありがとうございます。おまけに適切な横レスまで(笑)
政治的なことを書く時には結構勇気と覚悟が必要になります。最悪の場合には敵対的かつ暴力的なコメントがついたりしますので・・・。でも、いずれにしても何等かのコメントがつくということは、政治に対する関心が完全に失われたわけではないという証拠なので、それはそれで頼もしく思います。
今後もいろんな意見をフラットに語り合えれば良いなあと思います。

Posted by: yama_eigh | Friday, August 18, 2006 11:59

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味:

» みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会 [50代のネット・読書満喫ライフ]
小泉首相が公約通りに靖国神社訪問を行った2006年8月15日、超党派の国会議員でつくる「みんなで靖国神社に参拝する国会議員の会」(会長・瓦力元防衛庁長官)の56人が、靖国神社を集団参拝した。参拝には瓦氏のほか尾辻秀久前厚生労働相や保岡興治元法相ら、自民、民主...... [Read More]

Tracked on Tuesday, August 15, 2006 23:20

« 大停電の朝に | Main | フォントの縮小と体脂肪率の低下 »