« 『さよなら、さよならハリウッド』 | Main | 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味 »

Monday, August 14, 2006

大停電の朝に

【8月14日特記】 東京で大停電。電車が止まったり、東証の平均株価が計算できなくなったり・・・。

こういう事態を招くと「現代人は電気に依存しすぎだ」と苦々しく思う向きもあるかもしれないが、僕はそんなに深刻には考えなかった(まあ、転勤で東京を離れた後だから気楽なだけかもしれないが)。

もちろん電気が止まると非常に不便なのは間違いない。だが、ほんの暫しの辛抱なのである。

電気は止まっても復旧が早い。

阪神淡路大震災の被災者の体験談を語ろう。

  • 電気は止まってから復旧まで数時間
  • 水道は止まってから復旧まで40日
  • ガスは止まってから復旧まで48日

だった。あれ以来、僕は電気を頼もしく思っている。

もっとも、電車ならぬ「ガス車」やガス・コンピュータがあるわけじゃないので比較しても仕方がないことなんですけどね。

|

« 『さよなら、さよならハリウッド』 | Main | 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 大停電の朝に:

« 『さよなら、さよならハリウッド』 | Main | 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味 »