« フォントの縮小と体脂肪率の低下 | Main | 夏の雨 »

Thursday, August 17, 2006

映画『ハチミツとクローバー』3

【8月17日特記】 映画『ハチミツとクローバー』の記事は今まで2回書いた(ここここ)。それほど思い入れのある作品でもないのだけれど、今日また朝日新聞の朝刊に映画評が載っていたのを読んで3回目の記事を書く気になった。

今日の朝日新聞の記事(by 作家・大原まり子氏)は褒めていた。いろんな映画評を読むと激賞と酷評が混在しているところが面白い。

思うにこの映画は教訓を求めて観ると良くないのではないだろうか(僕はそもそも教訓を求めて映画を観たりしない。教訓がほしければお坊さんの説教を聞くかイソップ物語を読む)。

登場人物が自分に何かを教えてくれるのではないかと期待して観ると、彼らのあまりにつまらないこだわりやためらいや吹っ切れなさにげっそりするのではないだろうか?

彼らは決して僕らがかつて負わされたことのないような過酷な試練に見舞われる訳でもなく、僕ら自身には決して真似のできないような気質なり行動なりでそれを克服する訳でもない。

そこにあるのはただつまらない青春のひとコマにしか過ぎない。

そして、それは僕らが通ってきたのとまさに同じ道を辿っているのであり、僕らが直接自分の体験としては恥ずかしくてあまり思い出したくない出来事を、別の形で再現してくれているのだと思う。

そういう意味ではそこそこ良くできた映画だったと僕は思うのだが・・・。ただ、前の記事で書いたように、カメラワークにもうひと工夫ほしい気はした。花びらのCGとかも必要だったのかな?という気はする。

ところで、前の記事で「『NANA』のほうが映画の出来としては数段上だ」と書いた。その書いたことになんか責任を感じて、今まさにWOWOWで録画している。

『NANA』をもう一度見た上で、もう1回何か(『NANA』論なのか、『NANA』と『ハチクロ』の対比論なのか)を書いてみたいと思っている。

|

« フォントの縮小と体脂肪率の低下 | Main | 夏の雨 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画『ハチミツとクローバー』3:

» 映画好きの映画好きによる映画好きのための... [映画好きの徒然なる日々]
今まで見た映画やレンタルのちょっと辛口?な、勝手な感想を聞いてやってください。価値観や環境が違っていても、映画を通じて多くの人と共感しあえたらと思います。感想も書き込んでいってね。 [Read More]

Tracked on Saturday, August 19, 2006 10:58

» 「ハチミツとクローバー」すれ違う切ない気持ちを思い出す [soramove]
「ハチミツとクローバー」★★★☆ 櫻井翔 、蒼井優 、伊勢谷友介 、加瀬亮 、関めぐみ主演 高田雅博 監督、2006年 原作は読んだことはない。 この映画を見ようと思ったのはズバリ、蒼井優だ。 宮崎あおいほど、まだはっきりとした存在感を 映画で示していないが...... [Read More]

Tracked on Sunday, August 27, 2006 09:47

« フォントの縮小と体脂肪率の低下 | Main | 夏の雨 »