« 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味 | Main | 映画『ハチミツとクローバー』3 »

Wednesday, August 16, 2006

フォントの縮小と体脂肪率の低下

【8月16日特記】 5日前の記事を読むと終わったかのように思われるかもしれないが、実はHP改造の作業は終わってなくて、毎日少しずつ続けている。そう、バランス・ボールに座りながら(w

実は僕は自分のHPでは H1 タグを使ってなかったのである。生まれて初めてHTMLを書いたとき、 H1 の指定をして表示してみてびっくり。

でかー!なんじゃこの大きな文字は!?
しかも、アウトラインが崩れてきったねえフォント!

って、そういう経験ある人たくさんいるでしょ?

ほんで、仕方なく H2 を第1段見出しにして次を H3、その次は H4 かと言えばそうではなくて(きっと「これじゃ大きすぎるなあ」と感じたんでしょう)いきなり H5 だったりする──そういうムチャクチャな構文を書いていたのである。

だって、CSS知らなかったんだもん。見出しの大きさは変えられないと信じてたんだから仕方ないよね。

それで改訂版CSSでは H1 以下いちいちフォントサイズを指定して H1, H2, H3....ときれいに並ぶようにした(検索ロボット対策としてもそのほうが良いと聞いている)。

次に必要となるのはHTMLの書き換えである。もちろん手書きでは面倒臭いので検索して置換して行っているのであるが、ファイルは一体何百個あることか。非常に面倒であることに変わりはない。

とりあえず H2 を H1 に置換しているのだが、僕の記憶ではどこかの文章に H2O と書いたはずで、それが H1O に変わってしまうと水の化学式ではなくなってしまう。他にもそういうことがあってはいけないので細心の注意を払いながらやっている。

今月中に作業は終わりそうもないので、また体脂肪率が下がりそうだ。

|

« 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味 | Main | 映画『ハチミツとクローバー』3 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/110115/11471491

Listed below are links to weblogs that reference フォントの縮小と体脂肪率の低下:

« 筋金入りの個人主義、幼児性、悪趣味 | Main | 映画『ハチミツとクローバー』3 »