« Is it viral ? | Main | 映画『ハチミツとクローバー』1 »

Friday, July 21, 2006

富田メモ

【7月21日特記】 一昨日の日経新聞のスクープで、昨日他社も一斉に報道した富田朝彦元宮内庁長官のメモについて雑感をいくつか。

  • 「昭和天皇が靖国神社参拝を止めたのはA級戦犯合祀に不快感を抱いたから」という最大の焦点に関してはあまり驚きはなかった。昭和天皇ってきっとそういう人だったんだという思いはあった。太平洋戦争は昭和天皇にとってまさに痛恨の極みだったのだろう。「天皇自身が戦争犯罪者ではないのか」という非難をも浴びながら、昭和天皇にとって戦後の何十年かはまさに猛省の日々だったのだろう。
  • それに対して「あくまで心の問題ですから」と軽くいなそうとした小泉総理の態度もある意味で全く正しいと思う。東郷神社の宮司は「大御心(おおみこころ)に応えるべきである」みたいなことを言っていたが、小泉純一郎にはそんな感覚はなさそうだ。彼は天皇崇拝者ではなく、徹底した個人主義者なのである。外国政府にとやかく言われるようなことではないという首相の従来からの主張は、まさにその通りだと思う。もちろん一方で外交テクニック上どうするべきかという発想が欠如しているところが小泉の怖いところではあるのだが。
  • 考えてみれば、死者が神になって神社に祀られているということ自体が外国人には理解できないだろう。しかし、我々日本人にはそんなに違和感のあることではない。僕も大学受験の際には学問の神様・菅原道真が祀られた北野天満宮のお守りを持っていた。徳川家康が祀られている日光東照宮にも観光で行った。そういう風に宗教/信仰/歴史が生活に溶け込んでいるのである。
  • しかし、菅原道真や徳川家康と並べると、東条英機や松岡洋介というのは如何にも違和感がある。イメージの問題として時代が浅すぎるということもあるが、道真公や家康公は明らかに大きな功績を残した人たちであるのに対して、東条や松岡は今日ではほとんど全面否定されるような人物である。もっとも、彼らの信奉者はきっと「全面否定することが間違いなのだ」と主張するのだろうけれど・・・。
  • 話は戻るが、いずれにして僕たちは「大御心なんて言われてもなあ」という逆の感覚もある。「昭和天皇がそういう思し召しであったのだから」という理由でなびくのであれば、それはファシズムになびいた連中と大きくは変わらないのではないか?
  • とは言え、靖国神社は今でもそういう世界にあるのではないか? だったら東郷神社の宮司が言うように、「靖国神社が自ら知恵を出して大御心に応えるべきである」というのもあながち筋の通らない主張ではない。
  • ところで、今回一番の驚きだったのは、A級戦犯を合祀したのは1978年だったということだ。てっきり戦後間もない頃に国粋主義者が復活して強行したものだと思っていたのだが、こんなに最近だったとは! これではまさに「ほとぼりが醒めるのを待って」「どさくさ紛れにやってしまった」と言われても仕方がない。そこがこの問題に関して一番薄汚い点であり、分祀反対派に理がないところである。
  • そして、以上のような背景にあって、なおかつ何で小泉純一郎はそんなに靖国神社に参拝したいのか──そこが一番理解できない、と言うか、僕が全く感覚を共有できないところである。非難がましく言うのではなく、純粋に理解できないところなのである。結局、その疑問が最後に残った。

|

« Is it viral ? | Main | 映画『ハチミツとクローバー』1 »

Comments

こんにちは、通りすがりのものです。

靖国問題が熱い!
宗教史を研究しているので、一つだけ感想をいわせてください。
「死者を神に祀るのが日本伝統文化」と俗にいわれますが、これは正確ではありません。
「死者が仏になりうる思想が平安期から登場し、室町期から禅宗によって死者を仏とする慣習が定着した」のが正しいのです。前者を本覚思想といい、後者を受戒成仏といいます。また仏教では怨親平等といって、敵味方をとわずに供養するのが常識です。有名なところでは足利尊氏が敵となった後醍醐を含めた戦没者を供養するため建立した天龍寺ですかね。
一方、神社では死者が神となるのは、基本的に怨霊です。天孫地祇をさす天神に菅原道真が合祀されたために天神が彼をさすようになりました。徳川家康はもともと「東照大権現」で仏教がベースの神仏混淆ですし、諸大名もおもねって自国に東照宮をこぞって建てたので、信仰の背景がきわめて政治的です。
したがって靖国信仰は、近代のきわめて特異な信仰といえそうです。戦死者も怨霊といえるかも知れませんけど…。

長文失礼しました。

Posted by: 通行人A | Saturday, August 12, 2006 21:55

×天孫地祇をさす天神
○天孫地祇とならぶ天神
でした。訂正します。基本的に高天原の神々のことです。

Posted by: 通行人A | Saturday, August 12, 2006 22:02

> 通行人A さん

なるほどねえ、こういう専門家からのコメントって面白いですよねえ。どうもありがとうございました。
しかし、死者が神となるのは、基本的に怨霊ですか。はあ・・・。ますますなんともコメントしにくいトピックスになってきましたね。

Posted by: yama_eigh | Saturday, August 12, 2006 23:11

どうも混乱させてしまってすみません(笑)。

話は変わりますが、私の目下の関心事は、「日本遺族会」にあります。財団法人ですが、厚労省から遺骨収集事業を請け負ったり、戦没者遺族を代表する団体として(平和遺族会は排除されている)、かなりの公益性を持つ組織です。事実上の外郭団体といえるかも知れません。

なのに会長・副会長が自民党代議士で、自民党の支持基盤となる日本遺族政治連盟を併設したり、かつては参議院に推薦議員を送り込んだり(今は?)、政治的には相当偏っているようです。

小泉の参拝は遺族会の票目当てというのがもっぱらの評価ですが、こういう公私混同の癒着ってアリなんでしょうか?

話題がずれているようでしたらお詫びします。

Posted by: 通行人A | Sunday, August 13, 2006 10:35

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 富田メモ:

» #639 富田メモ [おおなかこなか]
毎日新聞の余禄は【この年のこの日にもまた靖国の みやしろのことにうれひはふかし】から始まり【やすらけき世を祈りしもいまだならず くやしくもあるかきざしみゆれど】で結ばれている。 nbsp; 新聞のトップには「靖国A級戦犯合祀」「昭和天皇が不快感」「元宮内庁長官..... [Read More]

Tracked on Saturday, July 22, 2006 05:28

« Is it viral ? | Main | 映画『ハチミツとクローバー』1 »